PM2,5対応のエムリットフィルターを試す(9日)

ベストカーの本郷君から連絡あり、竹平兄がミライのラリー車に試乗するページを作るという。ちょうど御殿場で取材の予定あったため、ミライに乗っていく。するとどうよ! 目立つらしい! こちとら東名道を95km/hくらいにクルコンセットして流していると、追い越し車線を走っているクルマが減速してガン見してくること数多。写真撮ってる人も。恥ずかしいす!

11091

こんな感じで見える。確かに目立ちます

珍しかったり目立つクルマに乗るのは慣れているけれど、ここまで注目されるの、雪道用クローラーが付いてるパジェロ以来ありません。スポーティな外観なのに、音もせず排気ガスは水だけというあたりがステキかと。フロント10kg。リア9kgという強いバネ使ってるのに乗り心地良いし、クルコンだって付いている。スポーツカーだと思えば2人乗りも気にならず。

11092

日本製です

今日から『エムリットフィルター』というのを試してる。PM2,5は人体に対する影響度が未だハッキリ解っていない物質ながら、中国の大気汚染の指標になっているため皆さん御存知のことだろう。目視出来ず、鼻や口から肺に入ると、そのまんま血液中に溶け込むそうな。身体に対する影響は定まっていない。アレルギー性疾病の要因だと言われてます。

ただ同じPM2,5でも単純な炭素起因の微粒子についちゃあまり心配なと考える。火山の噴火でも出るし、木を燃やせば発生するからだ。直噴ガソリンから大量のPM2,5が出るという国立環境研究所のレポートもあるけれど、ガソリンエンジンから出るのは単純な炭素。同じPM2,5であっても、どんな物質なのかで人体に対する加害性は大きく違うと考える。

国立環境研究所のレポート

複雑な物質を含むディーゼルから排出されるPM2,5になると、若干加害性が高いらしい。中国からやってくるPM2,5もアブないと考える。前置きが長くなった。クルマの中に入ってくるPM2,5を防いでやろうというのが外気導入経路にあるフィルターなのだけれど、効能についちゃよく分からない。そんな折。前出エムリットフィルターの人がデータを持ってきた。

例えば楽天市場のエムリットフィルター

テストすると、やはり仕事をしていないPM2,5対応フィルターが多いそうな。キチンとPM2,5をキャッチするフィルターもあるけれど、通販サイドで送料込み3500円以上する。エムリットフィルターは国産で、送料込み2000円以下。この価格なら気軽に購入出来ますワな。もちろん花粉など余裕。アレルギー疾患を持ちの人や、お子さんの居る人はぜひどうぞ。


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ