ホンダ PCX

●29万92500円

PCXは「素晴らしい!」としか言えない。まずカッコ良し! これは乗る前から解ってましたけど。驚いたのがエンジンの滑らかさ。単気筒ということもあって振動出るかと思いきや、とってもマイルド。グリップに伝わってくる振動も気にならない。これならウルサイ人も納得するだろう。

8084

タイ製です

絶対的な出力は必要にして十分。街中の流れになら、ストレスなく乗っていける。個人的に気に入ったのがタイヤの太さ。案外細身なのだ。直進性など考えれば、このくらい細くなくちゃダメだと思う。下の動画はアイドルストップの様子。停止して約3秒でエンジン停止。グリップ捻ると間髪入れず始動します。

上手にエンジンの停止/始動を行うため全く気にならず

けっこう気に入ったの作りの質感。アルミホイールはスポーク細くてカッコよいし、スイングアームやタンデムステップなんかアルミ製。ボディパネルや
メッキパーツの仕上げも良好。以前販売していた中国工場製スクーターとレベルが違う。29万9250円ならリーズナブルだと思う。

813

カタログ燃費では53km/L

数日PCXに乗っていても、なかなかガソリン減らない。90km走ってセグメント二つ欠けただけ。250kmくらい走っちゃうんだろうか? 燃料タンク6,1Lなので、リッター40kmくらい走るってことか? 発進なんか全開の繰り返しなのに‥‥。やっぱしバイクはECOだと思う。

8171

PCXは最高の通勤エクスプレスだと思う

返却前にお楽しみの給油。「PCXの燃料計の減りが遅い」と書いたら、読者の方からスペイシー100(同じくホンダの中国製バイク)も最初だけ燃料計が減らないだけで35km/Lくらいしか走らないとコメントあった。されどPCXの燃料計は164km走っても半分のまま。タンク容量は6,1L。
35km/Lだったらもっと減ってるハズ。

8173

164,7kmで給油

するとどうよ! セルフのスタンドで頑張って口まで入れたのだけれど、3,79Lしか入らず。43,5km/Lも走ってるぢゃないの! 途中からアクセルの開け方をマイルドにしたりして、それなりに気を使って走ったものの、決してエコランしたワケじゃないのに‥‥。満タンで200kmは走ると思う。

8172

474円なり

125円で中野まで2,5往復出来るんだから凄い! 片道25円ということです。バスと電車を乗り継げば360円掛かるのだ。片道15kmくらいま
での通勤に使うなら、最高の相棒になってくれると思う。ちなみにPCXの売れ行きは絶好調! 今オーダーしても冬に近い秋になるそうな(2010年8月時点)。

PCXのWebサイト


One Response to “ホンダ PCX”

  1. みさきパパ より:

    PCXオーナー暦2月。国沢ファン暦15年の33歳です。満タン250キロは走りますよ〜。体重83キロでちょくちょく全開にしていますが、遠乗り51キロ。街乗り47キロ。全開しまくりで42キロ。1400キロ走って平均は47キロぐらいです。北海道だと即納可能の店もあります。是非所有してみてはいかがでしょうか?

このページの先頭へ