中ノ瀬/盤州のキス釣り

ハゼと並び、東京湾で最も手軽な釣りモノの一つがキス。6月からシーズンに突入し、晩秋まで楽しめる。東京湾全域で楽しめるようだけれど、湾奥からだとアクアラインの橋脚から南側に広がる盤州(6m〜10m)か、中ノ瀬の北側(14m〜18m)。富津もいいらしいけれど、まだ試せていない。

ちなみに盤州は比較的波が穏やかな反面、フグなどに悩まされる。中ノ瀬はキスだけでなくカレイやサバ、アジ、イシモチなどバラエティに富む釣りモノを楽しめるものの、航路に近いため絶えず大型船の引き波を受け揺れる。富津は揺れも釣りモノも面白いそうだけれど、湾奥からだと遠い。

<6月27日/中ノ瀬>

ということでまずは中ノ瀬。午前中なら穏やかだろうと荒川沖に出ると、今日もユルくない波だったりして。それでも昨日より少しマシか。45分で中ノ瀬に到着。土曜日とあって釣り船やプレジャーボートがけっこう出ている。水深16mの場所にアンカー打ち、エサ(ジャリメ)付けて着底させたら、もはやブルブル来てます。

6271

お迎いのバースの方は”海”の超ベテランなのに初めての釣りだったそうな

リール巻くと、気持ち良い手応えと共に上がってきたのは良いサイズのキスじゃありませんか! 意外にも相当嬉しかったりして。ポイントは北側から中ノ瀬に突入! 徐々に浅くなるので、15m前後の適当な場所にアンカーを投げ込めばよろしい。下の写真の赤灯は中ノ瀬の北限です。

6272

サメやアジも釣れました

<7月4日/中ノ瀬>

朝から釣り仲間の遠藤さんと中ノ瀬のキスなど。いやいや休みが待ち遠しかったであります! 雨の予報だったものの、んなこと全く気にせず。案の定、
時々晴れ間まで出るという釣り日和。珍しく風もない。そろそろ夏の海か? 9時少し過ぎに出船し、10時くらいから釣り始める。

7041

左側の竿は釣れたメゴチをエサにマゴチ狙い

先週のように「入れたら喰う」という状況じゃなかったが、飽きないペースでボチボチ。小さいキスならツマらんけど、割と良いカタなので面白いのだ。
けっこう引きます。時にはキスとカレイの一荷も(まるで夕食セットですね)。本日の外道はアジとサバ、サメ。されどマゴチ狙いはサッパリ。

7042

エサはジャリメ。ちょいと気持ち悪い

それにしても楽しい! 海の真ん中にユラユラ浮かびながら、ヨタ話なんぞしつつ、魚がエサ喰うのをノンビリ待つ。釣れる魚は小さいけど、み〜んな食べてウまい。下の小さい方のカレイはリリースサイズなんだけど、針飲み込んで弱っちゃったので大切に頂くことにしました。

7043

東京湾のサカナはウマいらしい

<7月11日/盤州>

夢の島マリーナのディックス金子さんに場所を教えて貰い、盤州に行ってみる。アクアラインの橋脚沿いが釣れると聞いていたのだけれど、なるほど釣り船多数出てます。良い場所に入る隙間を探せなかったので少し離れた水深6m前後にアンカー入れる。なるほど波もなく快適だ。

7113

釣りはストレス解消に最高ですね

例によって四方山話しながらの釣りなので、真剣じゃない。それでも飽きない程度にポツポツおかずをゲット! 煮付けたら美味しいそうな小さいタコも
2つ釣れました。後で聞いたらタコもシーズンなんだとか。今度はタコ用の仕掛けも持ってきましょう。1時間ほど釣って寄港。

6273

とりあえず明日の夜に天ぷらで頂く予定。下は20cm定規です

<7月18日/盤州>

5時に起きてマリーナへ。もはや週末のお楽しみとなってしまったキス釣りであります。先週に続き、アクアラインの近所にある「盤州」を狙う。全般的に低調。周囲の釣り船も釣れていない。しかも私はフグに攻められエサばかり取られる状況。ダブルスコア(私はキス3。イイダコ1)で遠藤さんに負けまし
た。

7181

後ろはアクアライン。釣り船も多数出てる


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ