アルトワークス試乗レポート。レカロ以外は上々でございます!

いよいよ待望の新型「スズキ アルトワークス」 である! と、ドア開けてレカロのシートに座ったら・・・。やっぱり座面が高い! アタマのテッペンがほとんど天井についちゃってる。先行して登場したスポーツモデル「アルト ターボRS」のシートはリフター付きなのだけれど、アルトワークスの場合、中間の高さに固定してあるのだ。側面衝突試験対応か? 少し誇張して書くと、2階に座っているみたい。レカロ本体は本物なので、座り心地上等である。

1速に入れクラッチミートすると、ありゃま! すんごいトルク感だ! エンジントルクもさることながら、車両重量がホンダの「S660」より 160kgも軽いためだと思う。全くストレスなく発進し、1速なんかあっという間に吹け切るほど。このくらいパワー感があると「スポーティカーに乗ってる!」という気分。2速や3速でも十分なトルク感なのだから嬉しい。加えて絶対的な動力性能だって速いと思う。0~400m加速で16秒台は間違いなかろう。<続きを読む>


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ