オーリス120T試乗速報

「オーリス」がマイナーチェンジを行った。大きなトピックスは「ダウンサイジングターボ」と呼ばれる1.2リッターターボエンジンを搭載した「オーリス 120T」が追加されたこと。ダウンサイジングターボとは、ドライバビリティを確保しながら実用燃費の改善も期待出来るという、近年ヨーロッパ車を中心に 主流になっているパワーユニットのコンセプトである。この発表されて間もないオーリス 120T(プロトタイプ)を、さっそく試すことが出来た。はたしていかに?<続きを読む


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ