自動ブレーキ車のダンパー交換、追加テストです(20日)

自動ブレーキ付き車のサスペンション交換しても大丈夫か、という試験を先日行ったのだけれど、その時はレーザー式だけでした。まぁ当然ながら「アイサイトはどうなのよ?」とか「反射角の狭いレーダーならダメでしょ」みたいな質問をされた。TEINにも同じような意見が届いたそうな。流れとして第2弾です。

レーダー式は先月のベストセラーに輝いたC-HR。そしてアイサイト3はすでにたくさんサスペンション変えたクルマがあり、全く問題無いと聞いているので写真のような「ありえない車高」まで試してみた次第。どこまでやったら稼働しなくなるか、ということも重要ですから。結論から書くと全て稼働しました!

WRX S4、車高落としてもカコ良い

詳しいレポートは近々。それにしてもタイヘンな作業です。ノーマル-ローダウン-前落とし-前上がり-推奨車高と、4回も脱着して車高調整。そいつを2台分! 交換担当は2人だったので7時間で1人4台分のサスペンション交換ですから。こんな試験、やろうと思っても雑誌じゃなかなか出来ない。

アイフォーンのリカバリー、やっと終了。それにしても盗まれてからさんざん不便な思いをし、リカバリー作業にまる1日掛かり、終わっても新しいワクワク感などない「元に戻っただけ」という流れはムナしい。このところのスランプに相応しいと思いました。と思っていたららさらなるパンチが!

縁日祭の動画です。雰囲気が解ります

「運送業者の配船ミスでスペアエンジンと工具がスタート地点に間に合わなくなりました」。グレートレースの件です。すでにコンテナは太平洋上にあるため、いかんともしがたい。スタートして4日間くらいスペアパーツ無し。厳しいす! 最小限に必要となるパーツをかき集めなくちゃならん。

このスランプ、いつまで続くか? 幸運の天使に出会えるか? それとも長く長く続いちゃうのか‥‥

本日は夜20時よりJスポーツ3でWRCポルトガルの生中継です。ベストカー本郷君と怪説しますので時間あったらぜひ!

 


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ