「輸入艇」の記事一覧

CABO 36 エクスプレス

30フィート以上のボートを見ると、ごく一部を除き2階にも「フライブリッジ」と呼ばれる操船台を持つタイプが普通である。見晴らしいいし、気持ち良いからだ。一方、重心高くなり重量も増すため、フネとしての能力や性能を犠牲にしてし・・・

CABO 35

CABOと言えば「めちゃくちゃ荒天に強い!」ことで知られる。いつか条件の悪い日に試してみたいと思ってました。別件でマリーナに行くと、ちょうどCABOの35が試乗会を行ってるじゃありませんか。しかも海況は出航停止寸前という・・・

SEADOO(シードゥー)

日本で最もポピュラーな輸入PWCがシードゥー(ボンバルディエ社)である。輸入艇と聞けばクルマのように高価なのかと思いきや、最もパワフルな255馬力のタイプで186万2千円(税抜き。以下同)。カワサキより若干高いものの、ヤ・・・

CABO 43

トローリングをしたことがないため知識不足だったのだけれど、カボ(CABO)というメーカーのフネを見て久々にウナッてしまった。すっごいコダワリなのである。自動車評論家をしてると、ついついアメリカの工業製品をナメたくなるけれ・・・

メリディアン 341 セダン

このタイプのフネのユーザーは二つのタイプがあるように思う。積極的に海に出て、時にはロングクルージングもチャレンジする人と、天気の良い日に少し海に出るも基本的にマリーナステイを楽しむという「別荘代わりのフネ」を好む人である・・・

シーレイ38(ゼウス)

『シーレイ』は世界一売れているアメリカのボートメーカーとして有名。ここの『380サンダンサー』というフネは、2008年のボート・オブ・ザ・イヤーの有力候補である。『ゼウス』という舵から左右のエンジン制御まで電子制御(バイ・・・

このページの先頭へ