「最新情報」の記事一覧(2 / 354ページ)

エクストレイル、日本最高性能の自動ブレーキにアップグレード! 日産なぜかアピールせず

驚きました! エクストレイルが1月16日に小変更を行っていたことすら知らなかったのだけれど、内容を聞いて「あらま!」。来年モデルチェンジだと言われているのに、何と自動ブレーキのシステムを大幅にバージョンアップしていたのだ・・・

スカイアクティブX搭載のCX-30登場。売れるか?

CX-30にスカイクティブXを搭載したグレードが追加された。マツダ3と同じく普通の2000ccエンジンに対し68万2千円高い329万円スタートになる。マツダ3ベースのため車格としちゃCセグ。参考までに書いておくと、Cセグ・・・

日本代表のシビックタイプRをやっつけたメガーヌRS。GR-4で逆襲希望!

ルノーがメガーヌRSの限定モデル『トロフィーR』を出してきた。世界470台の限定で日本は47台。価格は687万円となる。スペックを見たら、クルマ通であれば美味しい肉を目の前にしたワンチャンの如し! 300馬力の1800c・・・

逆あおり走行「安全運転義務違反」で青キップが最も早い

「逆あおり運転」と呼ばれるノロノロ走行野郎が話題になっている。弁護士などがTVに出てくると「一般道は最低速度違反がないため取り締まれない」。はたまた「威力妨害罪だ!」と実際は適用が難しいことを言って正義ぶったりするから困・・・

さらばスバルよ~! 今なら新車のWRX STIが全国で10台+αあります!

燃費規制の強化により、エンジンだけで走るスポーツモデルは今後トヨタくらいしか販売出来なくなると思う。正確に書けば日産やホンダも販売出来る可能性あるけれど、日産は電気モノで走りを追求していくし、ホンダについちゃヤル気無し。・・・

二酸化炭素排出。直近のデータは人類から331億トン。自然界で5000億トン。

暖冬であります。環境団体は勝ち誇ったように二酸化炭素削減を訴える。燃費規制も厳しくなっていく。そんな中、オーストラリアの山火事で排出された二酸化炭素はすでに4億トンを超えるそうな。オーストラリアで人類が排出する二酸化炭素・・・

ヤリスGR-4、3日間で1000台受注。少し物足りない。最初のゴールは1万2500台です!

1月10日から予約を開始したヤリスGR-4の受注が1000台を超えたという。この台数、多いか少ないかと聞かれたら「悪くはないけど良くもないですね」というビミョウな状況だと思う。というのもGR-4はWRカーのホモロゲを取る・・・

日本もオークションを行うようなったためヒストリックカーの相場が明確になってきました!

最近日本でもヒストリックカーのオークションが行われるようになってきた。中でも2017年から始まった『BHオークション』は、ヒストリックカーの価値をハッキリさせるという意味で興味深い。新年早々東京オートサロンで開催されたB・・・

新型コルベット、いいね!

写真で見た時から「いいね!」と思っていた新型コルベット、実車も超ステキでした。アメリカ車と言うことでオロチのように厚ぼったい細部の作りをイメージしていたのだけれど、NSXに勝るとも劣らないクオリティであります! 495馬・・・

新型コルベット超カコよい! ホンダのブース、とっても残念でした~

久々の「おおっ!」が新型コルベット。おそらく騒音規制をクリアするためミドシップにしたんだと思う(興味深いことにフェラーリやランボルギーニなどミドシップのスーパーカーは規制対象外)。初めて実車を見たのだけれど、超カコよい!・・・

このページの先頭へ