「試乗&解説リポート」の記事一覧

現行Eクラスが500万円切り! こらお買い得でしょう!

排気ガス不正疑惑で問題となったベンツが(日本での正式名称はメルセデスベンツ)過剰在庫を抱えたのだろう。大バーゲンセールを行っている。驚くべきは値引き額! 例えばベンツの公式Webサイトで360万円と表示されている『B18・・・

圧縮着火。マツダの技術はスゴイ!

マツダが圧縮着火エンジンの市販化を発表した。技術的な内容について少し掘り下げて紹介してみたい。まず「圧縮着火」という技術だけれど、基本的にディーゼルと同じ。空気を圧縮すると燃焼室の温度が上がる。ディーゼルの場合、そこに軽・・・

左折時に左寄せすると怒る自転車乗りってどうよ?

自転車しか乗らない人達がネットで「自転車が車道を走っていると、クルマが左に寄せて進路を邪魔する」と書いている。詳しく読んでいくと、確かに悪意の”幅寄せ”と思われるケースも少なくない。例えば路肩の全く無い環状8号線のような・・・

マツダ、2019年に圧縮着火エンジン発売へ!

世界規模で電気自動車へ切り替えようという動きが出ている中、何とマツダは次世代省燃費ガソリンエンジンを発表した。『圧縮着火』と呼ばれる技術で、もちろん市販されれば世界初。究極のガソリンエンジンと呼ばれており、理論上の性能を・・・

ホンダ、脳卒中など脳疾患後の運転復帰を探る

最近あまり話題にならないものの、ホンダの企業理念は他社と違う”素晴らしい点”が多い。今回紹介する「障害のある方にも自動車という移動手段を提供したい」などもその一つ。利益を考えず、左足だけで運転出来るペダルや、片手で運転出・・・

電気自動車最大の課題「電池寿命」をどうやって克服する?

ヨーロッパ各国が相次いで電気自動車への転換策を打ち出している中、ここにきて「次は電気自動車を買うべきでしょうか?」と質問されるようになってきた。20年後は間違いなく電気自動車の時代になっていると思う。ただその前に解決しな・・・

ホンダ、F1にホンダジェットの技術を導入! 早くも成果が!

2015年の参戦以来、悪いニュース続きのホンダF1ながら初めて明るい情報が入ってきた! 終盤に向け、大きく進化するかもしれない。どうやらホンダジェットの技術ノウハウを投入するようなのだ。御存知の通りホンダジェットに搭載さ・・・

”地域おこし”に有効なWRCを日本で開催へ!

毎日新聞などが「WRC誘致へ。トヨタ、2020年めどに」と伝えた。記事によればWRCフィンランド優勝後の記者会見でGazooプレジデントの友山専務が「WRC開催がトヨタの悲願だ」とある。この動き、トヨタがWRCに復帰する・・・

トヨタ、マツダと一緒に工場を作る

トヨタとマツダが資本提携を行うという。現時点でわかっている情報は‥‥ 1)トヨタがマツダの株式を5%買う。マツダも同じくらいの額面でトヨタの株を買って持ち合う。 2)アメリカに新しい工場を作り、トヨタとマツダのクルマを生・・・

自動運転の決定的な問題点とは?

「間もなく自動運転の時代がやってくる」という人と話をしていると、皆さん決定的な課題を無視している。コストだ。もう少し詳しく書けば、自動運転=無料だと思っているようなのだ。メディアなどに流れている情報を見ても、運転手が不要・・・

このページの先頭へ