タイで売ってるベネリの250ccバイク、30万円で持ってこられる?(12日)

本日、サポーターの皆さんと忘年会。その席で話を聞いていたら、ほぼ全員バイクを持っているか、持っていなくてもヒジョウに興味を持っていることが判明した。ちなみにBMWシェアとても高い。考えてみたら私もバイク好きながら、ラリー費用のため虎の子のCBX1000を手放してしまったのだった。GS650Dは一昨年のラリー参戦費用になってます。

タイベネリのWebサイト

そんな状況の中、先日のバンコクモーターショーで見たのが復活したベネリ! 日本には正規輸入されていないものの、カッコ良い! 下の『TNT25』というモデルは250ccの単気筒で現地価格約33万円。値引きもあるだろうから30万円ちょっきりくらいか。これをラリー車を持ち帰ってくるときに同梱したら、輸送料無料。これが30万円なら安いぞ!

12123

部品どうする、という心配もあるけれど、ブレーキなどの消耗パーツについちゃ汎用性あるだろうから問題無し。というか、レバーとブレーキ類くらいなら予備を持っていてもいいだろう。ちなみにタイではCBR250やKTMデューク250と同じ価格帯のライバル関係になる。30万円といえば日本だと50ccのクラッチ付きバイクと同等。真剣に考えようかしら。

12124

ベネリには下のような250cc単気筒のオフローダーもある。これまた価格は同じくらいだそうな(未発売モデル)。バイクの価格って高くなってしまった。400ccクラスのオンロードバイク、エアコンやエアバック、ABS付きの軽自動車と同等の80万円くらいしますからね~。タイから輸入してるバイクも決して安くない。日本で思い切って安いのを作ったらいかがか?

12122

カブのパクりも出ていた。GPXというメーカー製の11万7千円。だったら本家ホンダ製を13万5千円で買った方がいい。参考までに日本でカブ110を買えば23万5千円。ちなみにカブ110に『BRDビトッチ』(超人気で今オーダーしても納期は来年7月だという)の排気系を付けると素晴らしいエンジンフィールになるらしい。近所の足ならカブ110もいいね。

12121

とはいえGPXのクラシカルなカブも試してみたい。サビなければ面白いかもしれません。けっこう品質にウルさいタイでホンダと大差ない価格を付けているのだから、イメージより悪くないかも。クルマもバイクも、買う前にあ~だこ~だと考えてるのが一番楽しいですね。暖かくなるまでにバイク欲しい。


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ