トヨタWRC、開発順調情報出す。ポケモンGO、運転中でも半プレー可能!(25日)

「開発に遅れが出ている」とか「メディアと冷戦状態になっている」と伝えられているトヨタのWRC復帰プロジェクトながら「ファンの皆さん安心してください!」ということなんだろう。開発段階の公式映像第1弾というタイトルを付け、ユーチューブにアップしてきた。下がその動画。4月下旬に公表したテスト車両より大幅にパフォーマンスは上がっているように思う。

   日本語版もキチンと用意してある

最近の混乱した状況を見て、日本側から「コミニュケーション戦略を含めもっと丁寧にやって欲しい」という強いオーダー出たんだろう。昨年のホンダF1のマズさは、悪い方向に向かって突っ走る現場を本社の誰もがコントロール出来なかった点にあります。モリゾウさんの意思は「急いで勝つ」でなく「人やクルマを育てる」ことにある、と思う。マイナスのイメージじゃ意味なし!

7251

伝えられる開発の遅れも、解っていればOKかと。私は最初から「2017年の1月に3台のWRカーを並べられたら大成功」と思ってます。とにかく出ることが重要。強くなっていく過程を楽しみたい。テスト車両も2台に増え、すでに5千km走っているとのこと。エンジン音や走りの雰囲気を見る限り、WRカーのレベルに達していると思う。やっぱりトヨタのWRC復帰はワクワクします

ポケモンGO関連の事故が多数発生しているようだ。移動速度10km/h以上は稼働しない、という建前になっているけれど、それ以上の速度でもポケモン接近時の振動が出て画面の表示も出る。また、ポケステーションの前を通過した時に、停車しなくたってアイテム取れるようだ。つまり常時プレイ状態にしておき、振動を感じたらすぐ停車。そして捕まえる。

こら追突事故起きるでしょう! もちろん自転車やバイクで走り回っても同じ。おそらく事故はドンドン増えていくと思われる。さてさて。どうしたらいいだろう? 困ったことにコチラが注意して運転していても追突されたらタマらない。任意保険に入っていないドライバーだと厳しい。アリエクスプレスで1800円のドラレコ買い、後ろ向きにも付けようかしら。

 


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ