レクサスが「ぜんぜん良くない」ことを再認識させられた(25日)

6時前にポルシェ・マカンに乗り家を出てエンジン誌の撮影&試乗。ジツは前日に別件でマカンと全く同じ価格帯のレクサスRXのハンドルを握ったのだけれど、あまりの違いに愕然としてしまいました。てんで話になっていない。少しでもクルマの評価を出来る人なら0,1秒も迷わないだろうし、相当ニブい人であっても明確な差を感じるかと。

8251

ちなみにマカンの2リッター4気筒ターボ車は252馬力で685万円。RXの同238馬力621万円と価格的にはイーブン。価格が200万円違えば別のクラスのクルマとして評価するけれど、納得出来る範囲内です。いや、リセールバリューを考えると、マカンの方が50万円以上良いことは間違いなし(実際、直近の中古車相場を調べて見たら50万円以上違う)。

RXの決定的な問題点は、トヨタ車と全く同じステアリングギアボックスとダンパー、シートを使っていることだと思う。クルマで最も大切なのは、ゼロ荷重から動き始めるときの特性。ポルシェが使っているステアリングギアボックスやダンパーは素晴らしく精度が出ており、少し誇張して書けばゼロ荷重状態無し。お金掛けるとコロにキッチリ掛けている。

エンジンなどは精度のカタマリみないなもの。バランスよく回るマカンのエンジン、マウントでごまかす必要もありません。一方レクサスのビジネススタイル見ると、ハードでなくソフト重視。モリゾウさんの言う「もっと良いクルマ」など目指しておらず。ブランドの根っ子を考えていない。だからこそニュル通いしても、肝心となるドイツの販売台数は172台だ(今年7月の数字)。

ドイツの厳しい目を持った顧客には全く評価して貰えないのである。レクサスと、同じクラスのライバル車を乗り比べたら誰だって迷わない。レクサスが「トヨタ車より高価な分」をステアリングギアボックスやダンパー、エンジン、シートなどにつぎ込めば、その時は「もっと良いクルマ」になることだろう。私がレクサスをホメるようになる日は来るだろうか?

RXに限らずレクサス全てが同じ傾向。日本にはお金あっても日本車にしか乗れない人達がいるため(地方の名士など。輸入車乗ってると世間の目が厳しい)レクサスはソコソコの需要あるけれど、自由なクルマ選びを出来るならお話になりません。「だからポルシェが良い」と言いたいのでは無い。日本で乗るならアウトランダーPHEVだってマカンに楽しさで負けてないです。


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ