心療内科

叔母が初めて「物忘れが激しいので病院に行きたい」と言い出したため、中野の南口にある割と有名な専門医へ。初めて心療内科の診察を見たのだけれど、こらもう医師の人格が全てですね、と思った。信用できない人の言うことなど聞かない、ということです。しかも一人当たりの時間を掛けなければならぬ。

短い時間だとナニも解らないし、診療も出来ないだろう。なるほど高い評価を受けている医師だけに、とても上手にコミュニケーションを取っている。おそらく患者とは長い付き合いになるんだと思う。叔母は加齢によるものなので簡単と言えば簡単。少なくとも治ることなどないです。進行を遅らせられれば100点なのだ。

されど若い世代の患者だと、それこそクスリだけじゃ抜本的な治療にならないかと。寒いから風邪を引くのであれば、寒さを取り除かなくちゃ治らん、ということであります。医師も隔靴掻痒でしょう。風邪引くことが解っていて、その場所に帰って行くのを見なくちゃならないことも多いでしょうから。

あっという間に14時。大雨の中、神谷町までジャガーXJの広報車を借りに行く。COTYの有力候補のウチ、XJとBMW5シリーズにのみ試乗していない。10ベストの投票までに何とか試乗しなくちゃなりません。おっと! インプレッサWRXの4ドアも試乗してませんでした。まぁ10ベストと関係ないか‥‥。

台風は涼しい北の風を吹かせてくれた。東京灯標のデータを見ると、16時から18時に掛けて熱帯低気圧が通過したようだ。16時は南の風16m。17時になると西北西の風3m。この時間に中心が通り、18時は16時とほぼ正反対になる北北東の風14m。北北東の風になると涼しいです。


2 Responses to “心療内科”

  1. ビッケ より:

    医師の人格もそうですが、診察を1人で行かしては絶対にだめです。大変かもしれませんが、必ずわかる方を付き添わせてください。
    脳神経内科で難病が同じ状態(治療法がないという事で)と思いますが、うちはそれで失敗しました(診断が正確に出ない)。

  2. あやのこうじぼくまろ より:

    はじめまして。いつも興味深く拝読しております。
    わたしの姉は2か所の心療内科で統合失調症と診断されて、
    現在医師より障害者手帳の取得を勧められています。
    しかし姉は手帳の取得以前に、心療内科への通院を強く拒んでいます。
    国沢さんのおっしゃる通り、コミュニケーション能力が高くなく、
    他者の人格をキレイに否定できる人格の持ち主のお医者さんは
    精神疾患者にも相手にされません。
    低気圧が通過するときの東京湾の風向きのように、ラリー競技中の
    コーナーでは私たちの想像を絶する複雑なステアリング操作が
    おこなわれるのでしょうね?
    叔母様は口に出さなくても、国沢さんを誰よりも信頼していると思います。
    人それぞれの最終コーナー、ご武運をお祈り申し上げます。

このページの先頭へ