VFR1200F

先週金曜日からVFR1200Fのデュアルクラッチ(クルマギョウカイだとツインクラッチ)に乗っている。当然ながら発進用の手動クラッチは付いていない。ボタン操作で『D』を選び、アクセル捻るだけで滑らかに動きだす。も少しギクシャクするかと思いきや、見事に上手なクラッチミートでございます。

クルマのツインクラッチと違い、変速時にカチャカチャ音を出すのは愛嬌ながら、むしろ「変速してる!」という感覚が解って乗りやすい。変速ショックもシフトアップはほぼ無し。2速や1速へのシフトダウンの時に若干感じる程度。いやいやよく仕上がっていると感心しきり。このミッション、小型のフォーミュラカーに使える?

久々に大排気量のV4エンジンに乗ったのだけれど、超高性能GTといったイメージ。全ての部品の仕上がりが良い。エンジン音はメチャ静か。バイクの高級車である。2輪についちゃホンダとBMWの質感の差を感じない。ちなみに国内仕様の最高出力は111馬力。輸出仕様の172馬力よりマイルドながら、これで十分です!

それにしてもカッチョええ。うなぎ屋の前に止めておくと、多くの人が足を止めて見ていく。お客さんに質問されることも珍しくない。どうやらクルマよりバイクは興味を引くらしい。その割に販売状況厳しいですけど。予想外の楽しさに、クソ暑い中、毎日乗っている。お金持ちのオヤヂライダーにゃ最高でしょ!

街中だと3千回転以下で全て足りてしまうパワーも、お手本のようなヨーロピアンポジションも(レーサーに限りなく近い)、ブレーキの効きも文句なし! 時間あったらワインディングロードを是非走ってみたい。きっとシビれるような恍惚の時を過ごせると思う。山に行くチャンスあるだろうか?

昼からうなぎ屋へ。最近叔母は現金ハンターになっている。ホンの僅かなスキを見せるだけでお金を抜いて行きます。私が居れば阻止可能。夜はベストカーの浦田君とヨメさん、そしてBCの人気連載を書いている長野さんが御来店。昨日から急にヒマになったこともあり、嬉しかったであります。

このところ永田が頑張ってブログを書いているので、時間あったら読んでやって下さいまし。


One Response to “VFR1200F”

  1. たろ より:

    VFRツインクラッチ仕様良さそうですね。
     ただこちら仕様の発売後の試乗会に大阪で数回行きましたが、これが目当てでみんな来てるのにどれもノーマルミッションしか持って来ておらず、売る気が無いのではとさえ思えました。

このページの先頭へ