そろそろ我慢も限界。イギリスのようにワクチン2回打った人から行動制限を緩和したらいい

7月9日時点で新型コロナワクチンを2回接種した人は2100万人になった。イギリスのデータによれば、2回以上接種すれば感染しても発病しにくく、発病しても死亡する確率はインフルエンザより低いという。だから行動制限を7月19日に全面撤廃する--我が国だって2100万人は行動制限を緩和したっていいと思う。19歳以下は2100万人。つまり飲酒可能人口の20%が接種済みだ。

しかも毎日50万人ペースで2回接種した人が増えていく。この人達は移動したって飲食したってリスクはインフルエンザ以下ということ。可及的速やかにワクチン接種済み証明を出し、経済活動を認めるべきだと思う。じゃないと日本だけ経済回復が出遅れちゃいます。大手の飲食業界や旅行関係などに従事する人は本当に辛い(飲食業者の70%は休業補助貰って儲かってるそうです)。

もちろんワクチンを打ちたくない人は打たなくても何ら問題無い。強制するなどもっての他。だって「打った人」からすれば「打たない人」は何ら問題無いですから。積極的に動きたい人だけ打てばよろしい。打たない人は集団免疫が出来るまで、今と同じよう注意して過ごせばいいだけ。ただワクチン嫌いでも冷凍庫の電源抜いたりすることは止めて欲しい。それはテロ行為です。

ちなみにワクチン否定派の皆さんは「450人以上死んでいる。政府は隠している」などと言う。すでに3600万人以上打っているけれど、ワクチンを打たなくても亡くなる方はいる。それを自然死と言う。450人が自然死の確率と比べて多いならワクチンのせいだと思う。詳細データを見ると50歳以下だと差無し。高齢になると僅かに増えるけれど、天寿を全うしそうな人にも打ってる。

専門医の多くは副反応が脳卒中などのキッカケになったと考えているようだ。個人的には寝たきりの人にワクチンを打つの、それぞれの事情&判断でいいかと。また、致死率という点で何ら問題無い若い世代だけれど、ここは熟考したらいい。それ以外の年代であれば「お好きにどうぞ」です。繰り返すけれど、ワクチン接種の足を引っ張る行為だけは止めて欲しい。

ということで秋に開催される鈴鹿のF1とラリージャパンは開催の方向で動き始めたようだ。10月になったら感染者も亡くなる方も大幅に減っていくと思う。もう自粛自粛自粛イベント中止イベント中止には飽きた! 海外のモーターショーや(今年はフランクフルトでなくミュンヘンになる)WRCの取材にだって行きたい。そろそろいつもの日々に戻りたいです。

 

 

<おすすめ記事>

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ