アイオニック5、エニカでのレンタルが始まりました。1時間なら無料。ぜひ乗ってみてください

やはり日本のクルマ好きって慧眼だと思う。日本じゃ厳しいだろう、と考えていたアイオニック5ながら、読者の反応を見ていると「乗ってみたい」とか「良いクルマはどこの国でも評価すべきだ」など忌避感より興味が先立っているようだ。ヒョンデも最初からたくさん売れるなんて思っていない。まずクルマを見て&乗って欲しいと考えている様子。

ということから2月25日よりカーシェア『エニカ』でアイオニック5の予約を開始した。5月31日まで最初の1時間無料。それ以上乗りたいなら1時間あたり1200円だ。貸し出し拠点は東京都心を中心に14箇所。日本の自動車メーカー関係者が多数予約するかもしれない。となると普通の人は乗れなくなる。ここをどうするか、ヒョンデとしちゃ考えるべきだと思う。

アイオニック5は日本の自動車メーカーに強いショックを与えるだろう。すでに原宿のショールームで試乗したメーカーの人も複数おり「素晴らしい!」「これはまずい!」。私は日本じゃ売れないと思っていたが、bZ4XやARIYAのリース金額次第でアイオニック5を選ぶ人も出てくるような気までしてきた。純粋に「良いクルマに乗りたい」なら迷う余地無いです。

日本の自動車メーカーにとって一番の「ヤバさ」は電池の調達コストにあると思う。bZ4Xとアイオニック5の電池搭載量ほぼ同じながら、ヒョンデが150万円。bZ4Xは180万円で調達しているとなれば、同じ頒価ならアオイニック5は30万円分お金を掛けられる。クルマに於いて30万円のコスト差といえば天文学的。もはや勝負にならないほど質感に差が出てしまう。

じゃ日本の電池メーカーは30万円のコストダウンが出来るかとなれば、リチウム電池の生産コストって液晶や半導体と同じだという。つまり液晶や半導体で負けた日本からすれば厳しい厳しい戦いになるということ。bZ4Xの液晶は1つ。アオイニック5を見たら2つ。すでに負けている。日本の電池メーカーが世界の覇権を取るくらい勢いで頑張ってくれないと厳しいと思う。

 

<おすすめ記事>

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ