ウクライナからポーランドに逃げて来る人のため、日本政府はケータリングをしたらいい!

ウクライナから鉄道で脱出する人がポーランドに到着している。ポーランドは軍隊やボランティアによって到着した人の食事など提供してます。我が国はドイツやアメリカのように武器を供給するワケにもいかない。だったらポーランドで大々的な援助活動をすべきだと思う。当面、10億円くらいあればウクライナから脱出してくる人達の食事は提供出来るんじゃなかろうか。

でも動きが遅い。そうこうしているウチ、全て出遅れると思う。日の丸掲げて汗かくことでウクライナの人だって元気づけられる--と考えていると「だったら自分でやろうか!」という気持ちが盛り上がってきちゃう。1日当たり10万円分くらいの食糧あれば、ある程度の人数をフォロー出来る。今までの経験上、やり始めれば必ず手伝ってくれる人はいます。

ポーランドならフォードMスポーツポーランドに御願いすることで、ケータリングの準備も可能かと。とはいえ遠いです。スタッフの宿泊場所なども確保しなければならない。加えて欧州はボランティアの本場。すでにたくさん救助隊が集まってる? ということで様子見です。本来なら日本政府がポーランドまで政府専用機飛ばして人と資材を送ったらいい。自衛隊じゃなくて、です。

フライトレーダーで見るとウクライナ上空を避けて飛んでます

民間人でやることが大切。折しも学生さんは春休み。1週間交代くらいで汗を流したらよい勉強にもなる。どうして我が国の政治家はそういったことをしないのだろう。全く理解出来ないです。かといって企業が出て行くと、状況が状況だけにヤヤこしくなる。個人のお金持ちとかがスポンサーになってもいい。そう考えているとやっぱり自分で行きたくなっちゃう。

 

<おすすめ記事>

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ