エネオス、燃料電池車の明日を閉ざす。1210円だった水素の価格を「1月1日から1650円にします」

いやいや驚きました。本日、エネオスの高井戸水素ステーションに行ったら突如「1月1日から1kgあたり1650円に値上げさせてもらいます」ときた! 現在1210円なのでイッキに1.5倍! そら酷いんじゃない? そもそも水素の価格なんか1650円だってモトは取れないと思う。でもカーボンニュートラルを目指し、みんなで協力していこうぜってことだった。

すでに東京ガスが「もうや~めたっ!」ということで1760円にしている。裏切りモノですよ。水素1kgで走れる距離はおよそ100km。1210円なら13km/Lくらいのガリリン車と同じくらいのランニングコストながら、1650円だと10km/Lを割り込む燃費のクルマになってしまう。MIRAIがデビューした2015年時点では「クラウンHVと同じくらいの燃料コストになります」。

さらに「今後水素はドンドン安くなって行く」というアナウンスだった。これ、トヨタじゃなく経産省や経産省の天下り団体全てがそういう認識。なのに東京ガスが「儲からない!」と1抜け。今回エネオスまで「付き合ってらんねぇ!」と抜けた。現時点で値上げについて明言していないイワタニがどれだけ頑張ってくれるだろう? イワタニまで抜けたら燃料電池車の明日は無い。

参考までに書いておくと今年5月、経産省は「2030年までに水素の価格を3分の1にする」と発表した。その流れを完全にぶった切っている。しかもMIRAIがマイナーチェンジを発表したタイミングに被せてきた。MIRAIを買おうとしている人に氷水を掛けるような行為です。エネオス的には「環境対応じゃ儲からん! ガソリン買え」ということなのかもしれません。残念でならない。

<おすすめ記事>

2 Responses to “エネオス、燃料電池車の明日を閉ざす。1210円だった水素の価格を「1月1日から1650円にします」”

  1. アミーゴ5号 より:

    およそ根拠のない防衛予算(米国から脅されたんでしょ)の捻出と原発延命の反動で、水素の補助金が削られたのだと、勝手に妄想しております。

    せっかく日本がリードしている分野なのに、よくぞ冷水と砂を同時にかけられるものだと、つくづく思います。

    政治家の大多数が、大きな馬さん鹿さんなのは今更言うまでもありませんが、日本の頭脳たる官僚も劣化したもんだ。

    霞が関は、あっちに忖度、こっちに忖度、四方八方で忖度ばっかりしてるんだろうな、眼に浮かんでくるヨ。

  2. z151 サンバー愛好者 より:

    エネオス最近いいニュースないですね。
    突然会長が辞任したかと思えば銀座のお姉さんにセクハラを働いていたとか。
    資本関係はないだろうけど休日に「バイクに給油しません!」なんてガソリンスタンドも確かエネオスのスタンドだった。
    ハイオクガソリンに添加剤なんて入っていなかった・シェル以外は実質同じ内容のハイオクガソリンだったというのは痛み分けだけど、漏れなくエネオスも不正に絡んでいた方。
    エネゴリ君がいくらウッホウッホ言ってもイメージ回復への道のりは遠そうです。

    セクハラおじさんは去ったけど、残った経営陣も頭の中は旧態依然の石油メジャーと同じような感じで、「軸足の石油製品に戻したい」んでしょう。
    水素は「お付き合い」でボランティア活動みたいな気持ち、規定時間店舗を開けると経費も掛かるし面倒なのでしょっちゅう「メンテナンス中」「燃料入荷待ち」なのかも。
    石油燃料だって4割くらい販売価格が上昇(政府補助金込み)なので水素もそのくらい値上げって安易な考えなのかも。
    つまりそこに未来への志なんてないってことです。

    いつも入れているスタンドはエネオスではないし、必要に駆られるのはカーシェアでメーターが1/2を下回った時だけです。(給油カードで入れる為選択の余地がない)
    これからのお付き合いは基本的にそれだけになると思います。

コメントを残す

このページの先頭へ