ガソリン価格下がり始めました。年末年始、軽油はさらに下がりそう

生活必要物資を調達すべく三郷のコストコに行くと、ガソリン価格がずいぶん下がっていた。12月21日時点で家の近所でも現金155円のエネオスなど出てきましたね! gogo.gsというサイトを見ると現時点での日本最安は142円のようだ。1ヶ月ほど前まで170円に届くかと言われたのに。ガソリン価格、どうなっているんだか解りにくい。原油相場と直結してないことは間違いなし。

興味深いのは軽油価格。普通、レギュラーとの価格差といえば20円前後である。なのに28円差。ここまで開いたの、最近見たことない。おそらく軽油の需要が減っているんだと思う。実際、尿素水(アドブルー)は深刻化しており、早くもトラックの稼働率を下げている企業が出てきたと聞く。尿素水不足、経産省によれば1月に解消へ向かうという。私は「そんな甘くない」と思います。

経産省の主張をよく見ると日本での生産が回復するというだけのようだ。それじゃ需要の半分にも満たないっしょ! 半分くらいのトラックは稼働出来るだろうけれど半分どうする、ということです。先日も書いた通り日本の役所、ポンコツになってきた。カーボンフリーに於ける電力問題など含め、このままじゃニッチもサッチも行かなくなること間違いなし。トヨタが怒るワケだ。

脱線した。おそらく1月もトラックの稼働率下がると思われる。使い切れない軽油ダブつく>年末年始でトラック稼働率下がる>軽油の保管場所に困る>さらに軽油相場下がるという流れになるかもしれない。ディーゼル車に乗っているなら天国状態です。ちなみに年末年始は地球温暖化の影響で寒波来襲だ! 寒い地域に行くなら凍結に強い『3号軽油』を必ず使うこと。

<おすすめ記事>

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ