ゴーン被告の右腕だったケリー被告の求刑は2年! 当然ながら執行猶予付く。そんな罪だったのね

ゴーン被告と共に逮捕され、37日間も拘留されたケリー被告に検察は懲役2年の求刑をした。あれほど大騒ぎになった事件ということを考えたら、肩すかしするくらいの求刑だと思う。裁判になった当然ながら情状酌量され(池袋で暴走事故を起こした飯塚幸三被告ですら社会的な制裁を受けたからと求刑7年から情状酌量され5年になった)、せいぜい懲役1年半。

しかも初犯のため執行猶予3年といった相場。再犯しない限り普通の生活が出来る。海外渡航だって許可申請すれば問題無し。私は当時から「検察に従っておけばよかったのに」と書いていた。最初から全面的に捜査協力するといえば、拘留だってもっと短かったと思う。それにしても懲役2年って映画の盗撮(10年以下の懲役)などよりずっと軽い。そんな軽微な罪だったのか?

おそらくゴーン被告も捜査協力し「自分に悪気は無かった。日本の法律に従う」と素直な態度を取っていたら、ケリー被告と大差のない結果になったと思う。社会的な制裁を受ているし、日産を救った実績などしっかりアピールすることで、日産に明確な貢献もせず裏方に終始しイメージ悪いケリー被告より情状酌量の幅だって大きかったに違いない。とっとと裁判やってれば、すぐ終わり。

これまたバカ騒ぎだった。繰り返すが、映画の盗撮よりずっと軽い罪。せいぜい現役を引退するくらいのダメージで済んだと思う。国家権力に逆らったら何のメリットもありません。私はいつも国の方針について批判をしているけれど、先方の堪忍袋の緒が切れたら別件で引っ張られるかもしれない。そうなったら逆らわず言うことを聞こうと思います。悲しいかな個人なんてそんなモンだ。

そしてモリカケは罪にならない。

<おすすめ記事>

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ