ソニーの電気自動車、作ったのはマグナ・シュタイアか。市販するとしたらマツダと組むと予想す!

ソニーがCES2022で発表した電気自動車は、予想通りスープラを生産しているマグナ・シュタイアかと。マグナは電気自動車のプラットフォームを持っており、上物を被せるだけでどこの企業に向けても試作車を作れる算段なんだと思う。したがってソニーの新しい電気自動車、走らせればギンギンだろう。マグナという企業、そのくらいのポテンシャルを持つ。

ソニーの動きを見ていると、2年前の2020年のCESで発表した「VISION-S」の時は自社でクルマを売る気など全く無かったように思う。されど今回の「VISION-S 02」の発表を見ると、どうやら方針変更したように感じます。おそらくアップルが電気自動車を作ろうとしている点に強くインスパイアされたんだと思う。自動車で得られる利益、大きいですから。

ソニーからすれば電池作りに返り咲き出来る可能性あるし、エンターティメントだって得意分野。カメラなどの技術をADASに活かすことだって出来る。ソニー操業以来の「命を預かるような商品は作らない」という企業理念(ソニーは明確にしていないです)も、開発と生産、販売を既存の自動車メーカーに依頼することでクリア可能だと思う。

パートナーを選ぶとすればマツダしかないような気がする。世界中に販売網を持つし生産技術の高さは世界TOPクラス。素晴らしい技術力を持ちながら経営陣の失策続きで浮上できない。マツダに目利きの経営者が居てブラックサタンを排除出来たら、おそらく簡単に販売台数を伸ばせると思う。マツダ好きとしちゃ悔しくて毎日枕が濡れるほど泣いている。

トヨタにとってのレクサス、ホンダにとってのアキュラのような位置づけでソニーをマツダのブランドの一つにしたら、なかなか面白いかもしれません。いや、日本於ける日産とルノーのような関係でも良い。マツダディーラーの一角でソニーを扱う。それならテスラでガタガタになりそうなアフターサービスだってバッチリ! ただ私はソニータイマー実装を疑う(笑)。

追記・次期型ステップワゴンは「オラオラ顔じゃないからいい」と言う意見も多いようだけれど、現行モデルだって全くオラオラしてない。だったら現行モデルも売れたんじゃなかろうか?

<おすすめ記事>

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ