タイヤだけでなくクルマ選びの情報入手も難しくなってきましたね~

いやいや困った時代になったもんだ! 知人からメルセデスの新型Cクラスどうよと聞かれたのだけれど、私は乗っていない。寿命が近いため、もはや「発売されたクルマ全てに乗る」みたいな余裕無い。そこで縁のあるクルマばっかり乗っている。メルセデスについちゃ広報が私のような野良犬を相手にしないため、乗ろうとすればアタマを下げなくちゃならぬ。

そこまでして乗って悪口書くだけじゃ私も楽しくないし読者だって楽しくない。だから乗らない。良いクルマならカーオブザイヤーの10ベストカーに残る。残れば試乗会でアタマ下げなくてもハンドル握れるため良いクルマなら素直に点数を付ければいいと思ってます。ということで現時点で聞かれても、良いクルマかどうか不明。そんじゃ、と同業者のレポート読んでみた。

するとどうよ! 「最高のクルマだ!」と書いている人がいれば、西川さんのように「先代と同じレベル」という人もいる。さらに乗り心地悪いとダメ出しする人もいます。ここまで評価分かれたら、どういうクルマなのかサッパリ解らない。私が新型Cクラスの購入を検討しているなら「オーマイガッ!」状態です。タイヤ選びなど、すで困った状況ですけど。

自動車メディア、どうなっていくのだろうか? せめて空気読めないため忖度しない(できない)永田あたりが乗っていれば何となく雰囲気解るのだけど。654万円スタートの新型Cクラス、いくらなんでも高いでしょう。スペックから判断するなら「予算的に変わらないEクラスの新古車を買った方がいいんじゃない?」と思う。というかEクラスの新車の価格です。

しかも48Vハイブリッドだって耐久性の不安大きい。保証期間終わったあたりで48Vハイブリッド系が壊れたら厳しい厳しい修行になりそう。ということで新型Cクラスの評価はカーオブザイヤーで10ベストカーに残り、試乗会でハンドル握ってからにしたいと思う。いずれにしろ自動車メディアがもう少しハイヤーズガイドになるよう、努力せねばならんです

<おすすめ記事>

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ