ダットサン終了へ。新興国をナメた酷いクルマばかり作っていたら売れるワケありません

鳴り物入りで登場した日産のセカンドブランドであるダットサンを廃止するという。当然過ぎる決断だと思う。ダットサン最初のクルマとなる『GO』の実車を見たら「いくらなんでも新興国をナメ過ぎでしょ!」。新興国の顧客にとって新車は高嶺の花。作る側だって一生懸命さが必要だと思う。ホンダの場合も「これはアカンやつだ」のブリオはやっぱり売れず、BR-V大人気!

ダットサンはてんでダメという記事

三菱自動車は「日本で売ったらヒットするでしょ!」のエクスパンダーが新興国で大ヒットしている。安かろう悪かろうの代表みたいなクルマ作りをしているダットサン、予想通りスタートから売れ行き伸び悩んだ。その後、GOのボディをストレッチした『GO+』や、車高上げた『GOクロス』を作ったもののダメ。GOそのもののレベル低すぎ。

そもそもダットサンをセカンブブランドにしたこと事態、栄光のダットサンをナメている。まぁゴーンの戦略だったから仕方なかったのかもしれないけれど、だったら良品廉価を徹底的に追求したら良かった。今回廃止を決めたのは、ダットサンを生産しているインド、インドネシア、ロシアの3工場のウチ、ロシアを閉めざるを得なかったためだと思う。

インドとインドネシアは三菱自動車が開発したクルマを作ればいいと思う。加藤社長になってからの三菱自動車は以前と比べ元気になった。アウトランダーPHEVが作りきれないくらい売れたり、ラリーアートを復活させ三菱自動車の社員のやる気も盛り上がっているという。新興国でブランドイメージの薄い日産は、三菱自動車とのアライアンスを上手に使ったらいいと思います。

WRCエストニアでトヨタが優勝! F1ロマーニャは事実上のホンダを使うレッドブルがワンツーを決めた。いやいや楽しい! F1、昨年までDAZNで見ていたが今年突如大幅値上げ! そこでフジTVに変えたのだけれど、解説の川井さんのタメ口が下品すぎて辛い。ジェントルな片山右京さんよりエラそうだし。皆さん平気なんだろうか? DAZNに戻ろうか思案中です。 

<おすすめ記事>

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ