トヨタ、4290円でブレーキとアクセル踏み間違い防止効果のある用品を発売! コレイイ!

いやいや素晴らしいアイデア商品です! トヨタは後付け可能なブレーキとアクセルの踏み間違い防止効果を期待できるシートクッションを発売した。下の写真の座面左右にある「盛り上がり」が後付けした部分。座面だけ見たらバケットシートですね。ニット素材は税込み4290円。スエード調は6160円とのこと。果たしてどんな効果を期待できるだろうか?

バケットシートに座ったことがある人なら御存知の通り、太もも部分を外側から押されるため、必然的に足は左右に開かず前を向く。シートポジションを合わせる際、高齢者の先輩方も足にチカラを入れ、まっすぐにしてブレーキ踏むと思う。けれど足が開いてしまうと、つま先からブレーキペダルまでの距離も遠くなってしまう。若ければ筋肉あるためすぐブレーキ踏める。

高齢になると足の筋肉が落ちてしまい、移動距離長くなるとレスポンス悪化に直結。それだけじゃなく、ブレーキまで届かずアクセル踏んでしまう可能性大。足をまっすぐに向けておけば物理的にブレーキの踏み換え速度と、確実性が増す。アクセルとブレーキの踏み間違い事故を高く確率で防いでくれるだろう。ここまで読んで「最初からそういう形状にすればいい」と思う?

その通りなのだけれど、サイドサポートを高くすると乗り降り時に引っかかってしまう。特に高齢者は乗り越すのに”努力”を必要とするのだった。したがって新車からサポート高いシート付けておくと「乗り降りしにくい!」と文句出てしまい難しい。ただ後付けなら「乗り降りしづらいのを理解して上で付けた」になるため、皆さん納得するんじゃなかろうか。効果は期待できる!

ご家族に高齢ドライバーが居る方は、乗り降りしにくくなることを説明した上で、ぜひとも装着を考えたらいいと思う。

 

<おすすめ記事>

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ