ハーレー・ジャパンが大騒動になっている。ハーレー買うなら今でしょ!

クルマと同じくらいバイクが好きだったりする。だから17歳で免許を取って以来、バイクを切らしたことは一度も無い。ただバイク業界は売り手側が強く、好き勝手ヒョウロン出来る余地無し。新車出たらよほどのことがない限り「いいね!」と紹介しなくちゃならない。趣味の商品なので、それでいいと考える。ホンダなどを見てると安全面は万全。よって私は仕事無し。

今はハーレーとVストローム、トリシティ300、ベトナムカブ

純粋なバイク好き目線でバイクの情報を見ている。閑話休題。最近ハーレージャパンのディーラーに対する押しつけが大きな問題になっている。ニュースによればハーレージャパンが「売れる」と見越して大量発注したタイ製の新型水冷エンジン車、全く売れない。困った末、販売店に押し売りしたという。どれどれ、と中古バイク屋さんにいくと、凄いことになっていた!

ナイトスタースペシャルだけで10台くらいありました

ズラリと並んでいる上のハーレーは『ナイトスタースペシャル』というモデルで、138万8200円だった883スポーツスターの後継モデルという位置づけ。2023年モデルの新車価格は237万8300円。それでも発売直後は激売れになり、紹介記事や試乗レポートを見ると激ホメだった。けれど日本のユーザーは慧眼だ。割高という評価を下し、大量の売れ残りを出してしまう。

カッコいいバイクです。クルコン付き

焦ったハーレージャパンは、発売後半年くらいで突如大幅値下げ! 新車価格を50万円も引き下げ188万880円にした。こうなるとユーザーとしちゃたまったモンじゃない! 加えて「売れない=ダメなバイク」という評判になり、行きはさらに落ちる。かくして押しつけが始まったのだった。現場はどうなっているか? 下のプライスタグは登録しただけの新車です。走行2km。

この店は諸費用が良心的。4万1110円です

見た感じも新車。なのに70万円安である。こんなハーレーがオークションに多数出てくるらしい。188万円だと割高感のあるナイトスタースペシャルながら、118万円はリーズナブル。そもそもアメリカだと1万6千ドル(245万円)くらいで売られている。タイ製ということでタイの価格を見ると、やはり軽く200万円以上している。どの基準を持ってしてもお買い得です。

買うなら今でしょ!

中古バイク屋さんに聞いてたら「ドンドン入ってきますがドンドン売れます」(笑)。私も空冷ハーレーの重さを持て余すようになってきた。乗り換えようかしら。といってスポークホイール時代の(ダイナ)の相場が解らない。走行7千km。車検取ったばかりだから80万円くらいで売れるんだろうか? 空冷ハーレー、味があって八丈島で乗っているとすんごく楽しいですけどね~

<おすすめ記事>

One Response to “ハーレー・ジャパンが大騒動になっている。ハーレー買うなら今でしょ!”

  1. Hiro3 より:

    オフロードバイクはどうですか?もしトライアル未経験ならぜひ試してみて下さい。関東でも全日本トライアル選手権最高峰のスーパークラスの上位選手が開催するスクールが開催されてますし。
    オフロードパーク白井等レンタルトライアルバイク付きで乗れる所がありますよ。ぜひ!昨日はもてぎでトライアル世界選手権が開催されたばかりで、来週末には全日本選手権が開催され、また観戦に行くつもりです。

コメントを残す

このページの先頭へ