ホンダとソニーの協業、皆さんポジティブに報じているが、私は「難しい」方に1000点!

ホンダとソニーが協業で電気自動車を作るというニュース、皆さんポジティブに取られているようだ。以下、100%私の意見のため無視してもらって全くかまわないけれど、成功する確率は低いと思う。○×判定なら瞬時も迷うこと無く「上手く行かない」を選ぶ。ホンダもソニーも個性が強く、両社を知っていると「絶対譲り合えないブブンが出てくるでしょうね」と思うからだ。

記者会見は全てソニーが先

そもそも時価総額14.4兆円のソニーは、時価総額5.8兆円のホンダに「自社が企画した電気自動車の生産を委託する」くらいの気持ちでいると思う。記者発表を見ても対等の関係であれば「並びをソニ-上位」にするのなら「発表会場はホンダ」という配慮をすべき。けれど会場までソニーだった。おそらく今後もソニーはホンダを「クルマ作りを委託した会社」という位置づけにするだろう。

一方、ホンダは営業職こそビジネス的な成功をおさめているソニーに敬意を示すだろうが、技術側は誰1人としてソニーが優れていると思わないだろう。実際、いつも私の悪口の矛先になっているホンダながら、技術力は世界TOP級だと疑っていない。F1の競争力あるパワーユニットを作れる技術力持つ企業って、自動車以外を含め世界で10社もない。ホンダはTOPです。

ソニーの製品、見事に残っていない

しかもトヨタより圧倒的に少ない技術者の数で、クルマからバイク、飛行機、汎用機まで扱い、いずれのジャンルでも世界TOPと戦えている。そんな素敵なホンダがなぜ伸び悩んでしまっているかといえば、商品企画や営業など技術系以外の役員がクルマを全く理解していないからだ。日本国内の車種選定や価格戦略を見ただけで誰だって「こりゃアカン!」と思う。

ソニー、肝心の製品開発じゃゲームしか優位を保てていない。もはや技術を売りにする企業に遠い。そんなソニーが、電気自動車の開発になったら様々なリクエストをホンダにしてくることだろう。もちろん納得出来る要求なら問題無し。でもデザインやインテリアの素材、装備内容に至るまで、ソニーの意見を通そうとしてくるに違いない。ソニーってそんな会社です。

ホンダのソニー担当、大変だと思う

以前、ソニーの自動車製品を取材したことがある。通常の取材だ。なのに編集部に対し「記事を検閲させて欲しい」と連絡してきた。すぐ編集部から連絡あり「お金貰ったんですか?」と厳しく言われた。もちろん「見せる必要無し!」と返事し、以後、2度とのソニーの記事を書かないと決めた。この記事で、私はもうソニーの電気自動車の取材から省かれると思う(笑)。

ソニーってそんな会社です。ホンダなんかこれだけ悪口書かれても試乗会に呼んでくれる。なぜかといえば、良い話ばかり聞いていると良いクルマを作れないという、考えてみたら当たり前の認識を持っているからだ。ホメてくれるメディアとしか付き合わないと、やがて競争力のある製品を作れなくなります。そうやってソニーの電器製品は競争力を失ってきた。

今や私の家にソニーの製品は1つもない。世界と競争出来る技術力を持っていないソニーが世界と競争出来る技術力を持っているホンダと組み、世界で競争力のあるクルマを作ろうとしたら、ホンダの技術力を尊重し、ソニーが得意とするソフトの魅力を上乗せすることだと思う。それが出来れば面白いクルマ作りになることだろう。果たしてそれが出来るか? 

<おすすめ記事>

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ