ホンダF1の勝利、時間が経つにしたがい「すっきりしね~!」と思うのは私だけ?

F1最終戦、違う側面から考えてみたい。まず前日の予選、フェルスタッペンはQ2でフラットスポットを作るというミスをしてQ3を本番スタートと同じソフトで走らなければならなくなった。ポール獲得し本番ではTOPに出てリードを作り、ハードタイヤに交換して走り切る作戦。ところがスタートでミスし、ハミルトンに先行されてしまう。しかもハミルトンはミディアムなのに抜けない。

ばかりかドンドン離されてしまう。もはやこれまでとハードタイヤに交換するも、ハミルトンとの差は付く一方。そこでチームメイトのペレスに頭を抑えさせ追いつく。ハミルトンとしちゃ接触したらオシマイのため、安全マージン取るしかなく無理出来ず。ペレスのペース、あまりに遅かったものだからフェルスタッペン追いつく。ここでハミルトンをプッシュするハズながら、全く追いつかず。

この時点でフェルスタッペンは2回チャレンジして2敗。そのまんまフィニッシュかと思ってたら、筋書きあったようなタイミングでラティフィがクラッシュ。ペースカーになる。驚くことにラティフィのクルマはラス1で片付けられ、ソフトタイヤのフェルスタッペンと寿命を迎えつつあるハミルトンのハードタイヤの勝負になる。しかもハミルトン、接触出来ないです。

フェルスタッペンとハミルトン、同点ながら勝利数はフェルスタッペン。接触し2台揃ってリタイアだと、フェルスタッペンの勝ちだ。ハミルトンにとっちゃスタートからゴールまで辛抱の戦いです。レース的には序盤とペレス後の2回勝ってる。よくぞ自分の感情を押さえ込んだと感心しきり。横綱の貫禄だ。いろんな意味であり得ない&フェルスタッペンはF1の神様に救われた。

勝ちは勝ち。レース的にも素晴らしく面白かった。けれど長年F1を見ていた自分は「勝ち逃げしちゃアカンでしょ」。F1の神様はホンダに対し「よく頑張った! 御褒美を与えよう。でもそのまま逃げないでね!」と言いたかったんだと思う。ホンダとしちゃ「神様ありがとう。来年は休みますが再来年からの分を再検討させてもらいます」くらい言って欲しい。

負けてたら「撤退も仕方ないですね」と諦めもついた。

<おすすめ記事>

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ