ミラージュ・ラリーアート、なかなかイケそう。大出力エンジン積んでオートサロンに出したら?

三菱自動車がタイでラリーアート復活に向けて動き始めている。日本で新しいことを始めようとしたら、様々な制約を受け、意見や手続きを必要とするため手間&時間掛かってしまう。しかも日産とルノーとのアライアンス問題だってあるかもしれない。タイならタイの三菱自動車がやっている、ということで容易に動き始められるということなんだと思う。ミラージュのラリーアート、いい感じ!

といってもカーボン調のブリスターフェンダーと控えめなリアウイングですけど。これで搭載可能な最大サイズのエンジン積み、もう少し主張の大きいリアウイング付ければ、タイ三菱自動車の出展ということで東京オートサロン/大阪オートメッセに並べたらいい。賑やかになるだろう。日本で売る必要は無い。東南アジアで暴れ、東南アジアでのプレゼンスを高めればOK。

三菱自動車の復活には東南アジアがキーになると思う。以前加藤社長にインタビューした時に聞いたのだけれど、この地域のビジネスや車両開発は三菱自動車が相当な裁量権を持っているという。だったらエクスパンダーのように東南アジア向けに開発したクルマを日本でも売るというビジネスをしたらイイんじゃ無かろうか。日本市場は年収を考えたら欧米より新興国に近くなってきた。

電気自動車も最初から新興国向けに開発し、電池は安全性高くリーズナブル&長寿命のリン酸鉄リチウムでいい。リン酸鉄リチウム、極低温に弱いけれど高温には強いですから。エクスパンダー級の電気自動車を250万円くらいで作れたら素晴らしい商品になると思う。そのためにもラリーアートでブランド力を強化するのは加藤社長の良い戦略だと考えます。

<おすすめ記事>

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ