リーフが赤信号無視で突っ込んできたトラックと激突。ドラレコ画像無ければ過失相殺を50%取られる?

信号のある交差点で直進車が出会い頭の衝突事故になった。具体的な状況はユーチューブの動画を参照頂きたく思う。下のイラストだとトラックは『B』。リーフが『A』になる。信号のある交差点ながら、ドライブレコーダーの証拠無く、お互い青信号だったと主張したらどうなるだろう? 最悪の場合、道幅狭い道を走ってきたリーフの過失相殺を半分以上取られてしまうことになる。

参考データ/法律サプリ

下の動画を見て頂きたい(You Tubeで見るをクリックしてください。トラックのドライバーは動かないが軽傷とのこと)。どう考えたってトラックが悪い。実際、ドラレコ画像あるため100%トラックの過失になる。けれど前述の通り全く証拠無く、お互い青信号を主張すると過失相殺半分! リーフが軽トラックやバイクで死亡してしまい、トラックが青を主張したらおとがめ無しも。

止まらない車両が多いのに驚く

ということで、ドラレコは必須の装備だと再認識させられます。さて。事故の分析だけれど、速度ほぼ同じ。重さで言えば圧倒的にトラック優位。当たる場所もリーフは運転席側だ。しかもリーフ、トラックと衝突後にそのまんまガードレールに突っ込み2度目の衝撃を受けている。されど意外や意外! リーフって衝突試験で高い評価を受けている通り強かった。

床下に強固な電池を搭載しているためフロアがしっかりしてるんだと思う。サイド&カーテンエアバッグもしっかり展開している。ドライバーは全く衝突まで予期出来なかったらしく、衝突時も衝突後もブレーキ踏んでいない。さすがに少し足を引きづっているものの大きなダメージを受けておらず。撮影車に向かって緊急連絡を頼んでます(撮影者はすぐ通報している)。

トラックもエアバッグが展開し、自動点滅機能付きのハザードも点いている。本来なら最小限のダメージで済んだと思うが、残念ながらシートベルトを締めていなかったらしく車外放出されてしまった。文頭に戻るが、これで大けがし、後で「青信号だった」と主張されようものなら、治療費や慰謝料はもちろん後遺症残ったら過失相殺分を負担させられることになる。

この事故での救いは、両方とも新世代の車両だったため大事には至らなかったことと、ドラレコ画像残っていたこと。被害者がリーフじゃなくバイクや軽トラックでドラレコ画像なければ、死亡事故になった上「青信号で走行中、狭い道から赤信号なのに出てきた」と主張されたら、死に至らせ起訴猶予になってしまうことだってあります(実際、そういったケースは山ほどある)。

<おすすめ記事>

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ