ロシアのウクライナ侵攻、原発攻撃から状況が大きく変わった。日本の原発も廃炉費用50兆円超か?

ロシアのウクライナ侵攻、欧米の動きを見ていると原発の攻撃を受けてから全く状況変わった。勇猛果敢な欧米のメディアがロシアから脱出し始めている。おそらく1週間以内に戦況は大きく変わると予想します。ウクライナの制空権を欧米が確保することだろう。ただロシアにケンカ売るというカタチにならない。ウクライナに地対空ミサイルが大量供給される模様。

はたまた夜間ならラプターなどステルス機を攻撃に使える。レーダーじゃほぼキャッチ出来ないため、夜のウチに爆撃して基地に戻り防空壕に入れてしまえば、ばっくれることも出来るだろう。いずれにしろプーチンさえ片付ければ今回の戦争は終わる話だ。大義も名分も宗教対立も無い。単にプーチンの狂気から来ている。すでに欧米の皆さん我慢の限界に来てます。

スティンガーがあればヘリは落とせます

原発と言えば、我が国の方が厳しい。福島第一の後処理、当初5兆円規模と言われていた。しかし2016年に22兆円規模。1年あたり4兆円だ。我が国の軍事費に匹敵する。この中には今後必要になってくる廃炉費用など含まれていないというから、50兆円以上を覚悟しなくちゃならないのかもしれません。こういった費用、誰が負担するのかといえば、当然ながら国民だ(税金+電気料金)。

おそらく電気料金は間違いなく上がっていく。太陽光の発電コストなど1kWhあたり11円くらいだと言われているが、原発の後始末分を上乗せされ、遠からず50円/kWh(現在家庭用は30~32円/kWh)も見えてくることだろう。いや、さらに高くなる可能性すらある。そんな中、原発を稼働させよういう動きが出ているのだから驚く。豆腐のような地盤の我が国は原発に向かない。

自分で出来るのは太陽光発電などを使う自給自足ながら、屋根に付けるパネルだと注意が必要。大気汚染による汚れや鳥の落下物で大きく効率を落とす。洗えばいいのだけれど、屋根に上がらないと洗う方法無し。屋根に上がるの、危険だ。もし屋根に付けるという場合、2~3年に1度の洗浄作業が出来るようにしておくこと。陸屋根は設置にお金掛かる反面、掃除楽です。

プラグインソーラーについて

私の家に導入したプラグインソーラー、快調です! 4日は1.69kWh。5日が1.88kWh発電している。日が長くなる春分の日あたりに2kWhを超えるか? 昼間、ずっと200W以上発電しているから頼もしい。調子良かったら2枚から10枚くらいに増やしてみようと思う。そしたら使い切れない1000W以上。余った電力は充電しておき、夜使えばいいです。

<おすすめ記事>

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ