今シーズン、見なくちゃ損と思えるほど楽しいF1、2026年でめんどくさいハイブリッド廃止か? 

今シーズン、F1がめちゃくちゃ面白い! 今まで圧倒的に強かったメルセデスのハミルトンと、我らがホンダのパワーユニット使うレッドブルのフェルスタッペンが正真正銘ガチのバトルをしているからだ。昨日開催されたイタリアGP、ついに意地の張り合いになりシケインでお互い譲らず接触。両者リタイアになった。このシーンを見て「セナとプロストの戦いみたいだ」という人も。

こら全然違う。鈴鹿のシケインでセナとプロストが衝突したのはチャンピオンが決まるシーズン最終戦。衝突しても安全な速度のシケインです。多くの人は「プロスト、ブツけに行きましたね」。この事故でプロストは多くのファンを失ったといわれる。しかし昨日の接触は「本物の意地の張り合い」だ。フェルスタッペンもハミルトンも、お互い感情を出さなかった。見ていて不快感無し。

WRCにも言えることながら、世界の頂点で日本勢が活躍しているシーンを見てるとクルマ好きとしちゃ誇らしい。日本人ドライバーが走っているのも誇らしい。WRCとF1から日本勢がいなくなったら(おそらくドライバーもいなくなると思う)、もう我が国の自動車産業はブランドイメージをキープできないだろう。ブランドイメージ無くなったら単なる移動の道具です。

ホンダ、本当にF1から撤退しちゃうんだろうか。撤退を決めたのは八郷さんであり、行方不明(笑)というウワサも出る三部さんの方針表明無し。どうやら参戦継続も話題に上がっているようだ。ここにきて2026年のレギュレーション変更でF1のパワーユニットを複雑化し、面白実を奪っていると言われるハイブリッドを廃止するという話も出てきている。燃料はカーボンフリーになること間違いなし。

だとしたら技術を伝えるという意味でもF1を続ける意味はあると思う。幸い、エンジンだけなら予算だって大きく削減できるだろう。技術継承&ブランドイメージだと考えたら十分ペイする。イタリアGPを見ても、欧州の人がホンダの旗を振っている。オランダGPも冷たい雨で3時間もスタートが伸びた上、中止になったベルギーGPすらファンの皆さんすごく楽しそうだった。

自動車業界には笑顔や楽しさがよく似合う。モータースポーツって笑顔や楽しさ作りの原点だし、関係者もファンも前向きの人ばかり。費用対効果を考えこの世界から撤退するなんてナンセンスだと思う。プライスレスというヤツだ。まぁ何でも後ろ向きの人生ツマラン事なかれ主義の人からすれば、命を失うかもしれないことにお金を使うなんて考えられないことかもしれませんが。

 

<おすすめ記事>

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ