小室眞子さん、記者会見の帰りフーガに乗ってました。素晴らしい日産の宣伝です。400万円だして~

娘を持つ親として小室眞子さんの日々はどうしても納得出来ない。400万円がトゲになっているのなら抜けばいいと思う。以前も書いた通り私は全く縁ないためいかんともしがたいです。そこでいろんな人に「ルートはありませんか?」と聞いているのだけれど皇室に縁のある人って少ない。当然ですワな。そこで最近は企業に聞いている。本日、日産に聞いてみた。なぜか?

眞子さま以前からインフィニティのエンブレムが付く世代のフーガに乗っておられた。眞子さまの時に民間企業である日産が関わり合いを持つことは出来ない。しかし! 結婚して小室眞子さんになった後は民間人。スポンサーになることだって可能だ。記者会見の後もフーガに乗って帰って行った。日産にとっては素晴らしいニュースです。400万円くらいの価値は十分ある!

TVでもたくさんフーガが写ってました。ということで複数の日産社員に進言したら何と! 全員「出来ることならやりたいです」と答えるじゃありませんか! 考えてみたらセンチュリーロイヤルの前の御用車は日産(プリンス)が開発した。私はパルサーの主管(当時の日産式の呼び方でチーフエンジニア)だった千野さん(故人です)から足回りを担当したと聞いてます。

おそらくOBを含む日産の中には宮内庁と縁のある人だっていることだろう。「そのルートから辿っていけば眞子さんに辿り着けないだろうか?」と聞いてみたら、異口同音「どうやって探したらいいか解らないです」。加えて「日産がそういったことをすればきっと叩かれます」。確かにYahooニュースの酷いコメントを見ても自動車メーカーは動きにくい。

繰り返すけれど、400万円である。私は右翼でも天皇バンザイの人でもない。単に日本人として情けなく恥ずかしいだけ。もっといえば、どうして宮内庁が内々に話をしなかったのだろう。宮内庁もダメ役所の仲間か? 今まで100人以上のお金持ちにこの話をしてみなら、見事に全員「400万円なら月光仮面になって寄付しますよ」(名乗ること無く、という意味です)。

それともなんか深い深い理由があるんだろうか?

<おすすめ記事>

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ