新型ステップワゴンのデザイン、私を除いて好評。もちろん「好きならどうぞ!」です

驚いたことに新型ステップワゴンのデザイン、押しなべて好評である。メディアは全てポジティブに紹介してます。そして同業者も基本的にポジティブ。記事やコメントを見ると「オラオラ顔じゃないのがいい」とか「正統派」とのこと。どうやら開発担当者がオラオラ顔嫌いらしい。皆さんホンダの説明を聞き「その通りだね!」と本心で思ったのだろう。

基本的にはホンダがどんなクルマを出したっていい。ユーザーから支持されなければ売れないだけで、メディアは損無し。ただ買った人からすれば、人気無いとリセールバリューに大きい影響を受ける。競合車と同じ価格のクルマを買って数年後に下取り出すと、人気車とそうでもない車種は50万円以上違うことだって珍しくない。したがって私は人気度も評価の一つだと考えます。

先代初期型は非オラオラ系

ちなみに孫と3世代で移動すべく先代ステップワゴンを購入した。2015年当時、ノアとセレナで迷ったけれど、まずノアについちゃ自動ブレーキ性能が超低く最初に落選。セレナは4代目モデルの末期だったため候補にならず。ステップワゴン、オラオラ顔の正反対だったデザインが全く好みじゃなかったけれど、自動ブレーキ性能や1500cc直噴ターボの走りの良さで選んだ次第。

マイナーで少しオラった

実用性は高かったけれど(わくわくゲートの使い勝手最高です)、乗っていてワクワクしない。やがて私はツマらないから乗らなくなり、ヨメさんも「かっこ悪いから乗り換えよう」。何より孫と3世代6人で乗る機会がほとんどない(5人までです)ということから手放すことになった。リセールバリューだけれど、低性能自動ブレーキのヴォクシーにも届かず。

N-BOXは立派なオラオラ系

そんな観点で新型ステップワゴンを見るとどうか。褒めるのは自由だ。気に入ったら買えば良い。永田も「いいんじゃないですか」と言ってた。まぁ永田のデザイン評価、だいたいハズれる(笑)。デザインに普遍性が無いことは明確です。あまりに実用的過ぎる。先代だってオラオラ顔じゃなかったが、ダメで少しオラオラに向かった。売れ行き好調のN-BOXは正統派オラオラ。

新型ステップワゴンはモビリオスパイクそっくり!

今やノア/ヴォクシーも自動ブレーキはホンダ以上の性能。ステップワゴンの特徴だったわくわくゲートも新型無し。リセールバリューなんかクルマの評価と関係ないもんね、というなら話は別だけれど、親身なバイヤーズを書きたかったら人気の動向まで評価すべきだと私は思う。もちろん新型ステップワゴンの価格がノア/ヴォクシーより大幅に安かったら状況は変わってくる。

<おすすめ記事>

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ