新型ノア、多くの点で最新スペック! 御予算に応じたグレード&装備を!

新型ノアに試乗しました。テキストでの詳細レポートは2月26日売りのCT誌で。ユーチューブについちゃ今週末あたりに。結論から書くと「買って良し!」。新しい世代のプラットフォーム(カローラクロスと同じTNGA)を使っているため、センター付近がぐにゃぐにゃだったステアリングフィールと全然違う。真っ直ぐ走るし、シャープ。乗り心地も辛抱出来る範囲内。

ステキだったのが『PDA』(プロアクティブドライビングアシスト)と呼ばれる「先読みシステム」だ。アウディやBMW、VWなどが採用を始めている。レーダーで常時前方を確認し、先行車居たら自動的に減速。先行車居ない時は、コースティングに近い制御を行う。この機能、全てのノアに標準装備されている。CTの記事とユーチューブで解りやすく説明したい。

ハイブリッドシステムも大幅に進化した。バッテリーをリチウムにしてモーター出力アップ! アクセル開けると積極的にモーターアシストを強くしてくれる(最大42馬力程度をエンジン停止状態でもバッテリーから引き出す)。街中でのドライバビリティが30%以上よくなった気がします。燃費も向上しており、都内を普通に走って16km/L以上というイメージ。

キャビンスペースは十分に広い。6人でのドライブすら余裕。ただ最後尾シートはトヨタに限らずどこのメーカーもダミー乗せての安全試験をしていない(ボルボは160cmまで担保。CX-8もシミュレーションで安全検証をしている。それ以外は検証さえしておらず。フルシート使うときは3列目シートは「天国に一番近い人」(私の家族なら私とヨメ)が座ったらいいと思う。

ADSA性能も最先端。40km/h以下でのハンズフリー機能は行楽帰りの渋滞で抜群の効能を示してくれることだろう。唯一の課題と思うのが装備。305万円の『ハイブリッドX』で必要な安全装備は全て付く。とはいえ両側電動ドアだTV付きのディスプレイオーディだブラインドスポットセンサーだヘチマだナスだと加えて行くとあっという間にオプション100万円コース! 熟考を!

<おすすめ記事>

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ