新型MIRAIの満充填走行距離世界記録にチャレンジしたドライバーは?

以下、ドライバーの紹介でございます。そしていろいろな疑念も出るでしょうから書いておきます。まず走行状況ですが、エコランは周囲の走行に迷惑を掛ける「エゴラン」になりがち。今回スタート時「後続車に迷惑を掛けないに‥‥」とみたいな打ち合わせしようとしたら、その前に皆さんから「交通のジャマになるようなエコランをして欲しいというならやらない」。

特に松下さんから「よもや高速道路を60km/hで走ろうなんて思ってないよな!」。今回は全行程に渡り後続車に迷惑を掛けるような走行は全くしておらず。そのあたりがベテランドライバーの味かと。また、首都高の走行については事前に打診し「順法走行なら問題ない」ということを確認済み。首都高と交流の深い菰田さんも首都高に対し事前に話を入れて置いて頂いたそうです。

首都高に厳しい私は首都高環状線の周回走行は行っていません(笑)。フランスチームより道路状況という点では厳しかったと思います。スタート地点の標高はグーグルアースによれば20mほど。ゴールが同7mほど。標高差によるエネルギーのプラスもほとんど無いと考えていいと思います(ゴール直前に標高60mのレインボーブリッジ走行時も積算燃費197km/kgは変わらず)。ということで以下。

MIRAIは私の車両。完全ノーマルながら磨きで空力を向上してる?

MIRAIで1004キロ以上走って新記録を狙うぞチャレンジ始めます! テレビ局の皆さんなど結構来ていただき、賑やかなスタートになりました。最初のドライバーは私です。何とか200km/kg以上走って皆さんに希望を持っていただきたいと思います。目標達成には1kgあたり190km以上走らないとダメです。スタート場所は福島県のいわき市です。

MIRAI で燃料電池車の満充填走行距離ワールドレコードの1003kmを超えるチャレンジ、第一走者の国沢終了です。目標190km/kgに対して209km/kg。とりあえずは先頭バッターの役割は果たせたと思います。水素5kgで1045km走れる計算です。最初から190km/kgを割っていたら皆さんやる気がなくなります。2番手ドライバーはパリダカで有名な寺田さんです

小林さん、真っ暗な場所での交代だったため写真撮れず(泣)

寺田さん、207km/kgでスタートしゴールは203km/kgでした。寺田さんのスティント、帰宅でクルマが多い時間帯で渋滞や信号待ちという手強い強敵が次々! 非常に厳しい道路条件だったにもかかわらずさっすがでございます。次はクリッカー編集長の小林さん。大変プレッシャーがかかっているようです。小林さん、昨日教えたワザを全て使って204km/kgと積算燃費を伸ばしてきました。凄い!

外房は江見からの担当はMIRAIの開発チームのドライバーである野正さん。お手本になる燃費を出して欲しい! と期待が高まりましたが、降り始めた雨に足を引っ張られたようです。それでも積算燃費で200km/kgをキープしてきてくれました。寺田さんのスティントにも言えることですが厳しいコンディションの時に踏みとどまってくれるのが心強い!

山本晋也監督いやギョウカイじゃ有名な腕利きの山本シンヤさん、富津からさらに雨量多くなり深い水たまりも出来るほどの激しい雨にやられ、走行抵抗が増えてしまいました。ここでも196km/kgに抑えミッションクリア。積算燃費で190km/kgを超えていれば、まだまだワールドレコードの範囲です。朝になって雨が上がることを祈ります!

6番手の岡崎選手、雨の首都高と言う厳しい厳しい状況の中、何と燃費キープに成功しました。素晴らしい❗️  口うるさいだけではありません。依然としてワールドレコードぺースです❗️  7番手は吉田由美さんです。この時点ですでに600km走っています。コンディションは依然として雨量多く水溜まり多数。C2の長いトンネルやアクアラインも考えましたが、由美さんはC1勝負とな!

7番目に走った吉田由美さん、雨の中と言う悪条件にもかかわらずマジ走り❗️ なんと195km/kgから1km/kg上げてきました! 600kmに渡る積算燃費を上げるのはタイヘンです。おそらく200km/kg近い走りかと。素晴らしい! 依然としてワールドレコードのペースです。ちなみに走行するコースは状態情報や道路状況など入念に調べ、最終的に担当ドライバーが決めます。

松下さんのブログでも詳しく~

「高速道路を60kmで走るようなエコランは許さねぇぞ!」と言っていた松下兄、迷うこと無く制限速度が40km/hと50km/hとなっている首都高C1を選びました。C1の流れに乗って走っていれば、他のクルマに迷惑かけません。ただ渋滞が始まってます! それでも1km/kgあげてきました。現役を引退したブランクを感じません。メディアの仕事もすればいいのに〜。すでに800km走っています

バイク乗りでは知らない人はいない柏さん。197km/kgに!

素晴らしかったのが柏さん。バイク乗りの間ではスロットルコントロールの名人と言われているので、車でも同じような運転をするようお勧めしたところ、難しい条件の中、見事に燃費を向上させました。さすがでございます。柏さんが運転してる時に残量警告灯が出る予定でした。出てから180km走れると言う計算。ところが残量警告灯が出たのは柏さんのスティントの最後の方でした。

ゴール担当は菰田兄。私ら、数字を伸ばそうと必死だったけれど、菰田さんときたら1003kmの記録達成が見えるや「どこまで記録伸ばすか! 燃費も伸ばしたいしね!」ときた! 水素ステーションの人が待ってますよ、と言わなければ30kmくらい攻めるつもりだったらしい(泣)。最終的にあと60kmくらい走れそうな水素を残してフィニッシュしました~!

<おすすめ記事>

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ