日産オーラ、良いクルマながら他銘柄を引っ張ってくるパワーない?

ノートの上級バージョンという位置づけになる「オーラ」に試乗した。すでにディーラー試乗も始まっているからニュースでもありません。どうかと聞かれたら、結論から書くと「日産ファンであり価格に納得できたらどうぞ!」。良いクルマです。ただ他銘柄の顧客を引っ張ってくるような魅力や特徴は無いと思う。今の日産にとって大きな課題かもしれません。

まずクルマ作り。ベースとなるノートと比べ、様々な装備が標準となっており、その上、防音対策に惜しげも無くコスト掛けている。さらにバッテリーは同じ1.5 kWhのままながら引き出せる電力を大きくしており、システム出力はノートの116馬力から136馬力になっている。ノートを1500cc相当とすれば、1800ccくらいのイメージ。で、実質的な価格差は20万円少々。

新型アクアも2秒間くらい50馬力程度出していると思う

ちなみに追い越し加速をすると、エンジン停止時からだとモーターで60%近く出力を出す! 何と1.5 kWhの電池で最大2秒くらいだろうけれど80馬力近く引き出しているのだった! フィットの場合、半分くらいの電池容量で20馬力程度。アクセル踏んだ直後の出力がオーラ80馬力対しフィット20馬力ということ。これだけ違えばハッキリ速さの差になる。

絶対的な動力性能やドライバビリティが良いだけでなく静粛性も大幅に向上している。エンジンの搭載位置、ノートより2mくらい遠くにある感じ。4WDは後輪モーターへのトルク配分を全速度域で30~40%程度伝えているため、まっすぐ走っていてもスタビリティの高さがある。雪道に行くと一段と「なんちゃって4WD」との違いがハッキリ解るハズ。

少し残念なのがドラムブレーキや、バランス良いのだけれどBOSEらしさの無いオーディオ。高い装備なのだから個性が欲しい。他銘柄を引っ張ってこようとするなら、全ての面で存在感を出さなければアカンと思う。ガチンコのライバルは新型アクア。ぜひとも乗り比べてみて欲しい。オーラもクロスオーバーのようなボディを作ったらいいんじゃなかろうか。

<おすすめ記事>

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ