最低地上高240mm!と強烈なアウトバックのウィルダネス、日本販売は無いと言うが‥‥

今秋にアウトバックを日本導入するという情報はすでに御存知の通りだと思う。多いに期待していたのが『ウィルダネス』というスーパーマン仕様。只でさえ悪路の裏番長という誉れ高いアウトバックの最低地上高をさらに20mmアップし240mmへ! ヨコハマのG015というオールテレーンタイヤを履く”アゲアゲ”好きな私からすれば超カッコ良いモデルです。

しかし! どうやら日本仕様の中にウィルダネスは存在しないようなのだった。悲報ですよ! おそらくタイヤの関係で燃費が伸びず、CAFEギリギリで商品ラインアップを組んでいるスバルからすれば「ザンネ~ン!」なんだろう。昨今急増しているゲリラ豪雨の水溜まりも、240mmあればけっこう頑張ってくれる。もちろん雪道だって圧倒的な走破性能を期待していい。

かくなる上は自分でやるしかなかろう。幸いグレードの中で最低地上高20mm高いモデルが存在するのなら、買ってから車高アップしたってサスペンション関係は問題ないということ。いや、メーカーって安全を見越すため、30mmくらい上げちゃってもいいんじゃなかろうか。250mmあったらスーパーマンがスーパーサイヤ人にグレードアップするくらい違う!

こんなカッコ良いクルマ作りをなぜ他のメーカーがやってこないのか不思議で仕方ない。すでにアメリカじゃメディア絶賛! ユーザーの反応も素晴らしく、売れ行き絶好調だという。アメリカメディアの試乗レポートを見ると、魔法の絨毯みたいにデコボコを通過していくという。日本仕様は当面レヴォーグと同じ177馬力の1800ccターボか? アメリカだと260馬力の2400ccターボも。

トヨタのようにボディを変更してクロスオーバーを作るアプローチもあるけれど、スバルやボルボの如く乗用車用ボディをそのまま使うクロスオーバーにも違うカッコ良さがある。ディーゼルエンジン搭載したマツダ6で最低地上高240mmのクロスオーバーなど作ったら日本でも大人気になること間違いなし! アメリカでも2500ccターボ乗せたら売れると思う。

<おすすめ記事>

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ