本日、電力供給能力がギリギリになると思う。雪でも降ったら相当厳しいかも!

本日の電力供給事情、けっこう厳しいんじゃないかと思っている。下をクリックして頂ければ解る通り、8時35分時点で4955万kWを消費している。東京電力は本日の最大供給量を5421万kWと予想(天気予報よりずっと当たる)。本来なら8時くらいから太陽光発電がグングン増え始め、お昼の需要期になると20%以上(1000万kWを超える)を供給してくれます。

東電のでんき予報

しかし東京電力管内の天気は雪や雨。日本海側は先日の雪で太陽光パネルの効率良くない。8時35分時点でわずか3%! 増えても5%か? 一方、気温上がらず、本日から本格的な経済活動だって始まることだろう。8時35分時点で東電は最大使用量を供給能力の91%という評価をしているけれど、私は相当厳しい状況になるんじゃないかと心配している。

私の家は東京ガスのエネファーム(燃料電池で電気とお湯を作る)なのだけれど、この時間帯、いつもなら発電量と使用量がトントン。なのに発電量以上に電気を買っている。気温上がらなければ昼間も電気使うい続けると思う。一番厳しいの、お昼御飯の準備を始める11時過ぎと、気温下がり出す16時過ぎか? おそらく大口電力使用者には節電依頼入ってるだろう。

東電どうした! と攻める気にはならない。おそらく10年もすれば一戸建ての大半が太陽光パネルを載せるだろう。余った電力を貯める電池もセットになったシステムだって増える。大手企業は火力発電使う東京電力から電力を買わず、各自、再生可能エネルギーで電力調達するようになっていく。東電、発電所を増やしてもムダな投資になる。悪いのは国のエネルギー戦略です。

本日、東京電力の現場は大奮闘してると思う。

<おすすめ記事>

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ