東京オリンピックのサポート車両、ラッピングのまま販売へ。人気は自転車で使われたカローラですね!

以前も書いた通り、東京オリンピックで使われた車両はラッピングされた状態のまま中古車として売られるようだ。剥がす手間、大変ですから。どのくらいの価格になるのかと思っていたら、意外や意外! なかなかお買い得です。下で紹介するプリウスPHVはカーセンサーに出ていたのだけれど、新車価格375万8千円の『A』で乗り出し価格289万7千円。走行300km足らずで100万円安!

この車両は和歌山!

間違いなくお買い得ですね! プリウスPHVに限らず、これからドンドン出回ってくると思う。さしてオリンピックに興味無ければ、ボンネットのデカールだけ剥がせばいい。ボディ回りのラッピング、実車を見たらなかなかオシャレ。欲しいならカーセンサーとGooのWebを頻繁にチェックしたらいい。なかでも人気になりそうなのがカローラ・ツーリングです。

カローラツーリングを除くサポートカーは、活躍の状況が解りにくい。けれど自転車のロードレースに使われたこともあり、超カッコ良いです。私が自転車好きなら自分のクルマとしてカローラツーリングに乗りたい。というかブランドってそんなことから作られる。世界のTOP選手のサポートしていた=自転車乗りにとって世界一のクルマということになります。

カローラツーリッグは人気自転車メーカーである『TREK』のサポートカーにも使われるなど、着実に自転車業界と関係を深めていた。東京オリンピックで決定的になったと思う。唯一の不安材料は、中古車市場に出てくるかどうか、です。オリンピックの関係者や、協力した団体などが欲しいと名乗り出ていたら、中古車市場に出てくる前に売り切れちゃう。

しかも東京オリンピックで使われたカローラツーリング、瞬時に売れてしまった170馬力の2000ccエンジン積む500台の限定販売車だ。クルマとしても楽しいようだ。オリンピックの動画にも出てくる通りガンガン走ってる。2重の意味で希少価値が大きい。いずれにしろ東京オリンピック仕様のカローラツーリングに自分の自転車積んで走ったらステキ過ぎますワな!

<おすすめ記事>

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ