非常階段より暗かったガレージがLEDに交換したら倉庫並みになりました~。LEDスゴイ!

LEDが明るくて効率良いのは知っていたけれど、なぜかガレージ蛍光灯のまんまでした。いわゆる20W型と呼ばれる58cmタイプで、最も一般的なサイズです。ここにきて大幅に安くなり、まとめ買いしたら1本500円くらい。しかも交換は簡単。グローランプ外し、そのまんま付けるだけ。何の手間も無し。今後、グロー管の交換だってしなくていいと良いことずくめ。

ということで向かって左がLED。右、蛍光灯です。写真だとあまり変わらない感じ。なぜかといえば右にアイリスが合っているからだと思う。ただニンゲンの目で見るとぜ~んぜん違います。奥の”梁”の明るさを見たらずいぶん違うと解ってくれるんじゃなかろうか。ということでヘッドライトの試験用に持ってる照度計を使いチェックしてみることにした。

すると11.9LUX。ホントにそんな暗いのか? と驚く。JISの照度基準で言えば、非常階段レベル以下。読み書きは出来ない暗さ、とされている。30年間使っている蛍光灯とはいえ、劣化酷い。というか30年間切れなかった東芝の蛍光灯、アッパレです! ちなみに夜間に整備など作業する際は、補助のライトを使ってました。非常階段レベルじゃ作業出来ないっす!

LEDに交換後の明るさは102.6LUX。もちろん絶対的な明るさからすれば倉庫基準。でも照度計の色を見て頂ければ解る通り、全く違うレベル。この際、4本使っていた蛍光灯をLEDにして6本にしようと思います。LED、点灯するのも早い! 蛍光灯のような「チコンチコン」がない。LED、消費電力は9W程度というので、蛍光灯4本72WがLED6本で54Wになる。

 

<おすすめ記事>

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ