3月9日に1号車が納車されたというARIYAながら、2号車どうなった? ARIYAの謎をいくつか

3月9日に日産本社で華々しく1号車の納車セレモニーを行ったARIYAながら、2号車以降の納車情報が全く出てこない。私の取材出来る範囲だと全く不明。広報に聞いても「数字が上がってこないため解らないんです」。まぁ解っていたって答えられないんでしょうけど。この件、私の読者から苦情なく、困っている人も身近にいないため、以下、面白い話として取り上げたいと思う。

ティザー中? 先日も小田原厚木道路で見かけました

まず今やたいていの情報のヒントを掴めるネットで検索してみたけれど、ARIYAが納車されたという話無し。1号車の栄誉を受けた人は様々な情報発信をするかと思いきや、ダンマリを決め込んでいるらしく(日産から止められている?)1号車の納車先にした意義、あまりなし。ARIYAが納車されたら頑張って素晴らしい発信をする人がたっくさんいただろうに。

どうやって決めたのか関係者に聞いてみると「広告代理店が決めたのでは?」。当然ながら日産側だって承知していると思う。謎です。さらに謎なのは前述の通り2号車の行方。納車されたのかされていないのか? 常識的に考えたら3月9日に1号車を納車し、この記事書いている3月28日まで2号車の納車無しということは考えにくい。全て箝口令に同意した人だけ納車したのか?

また、栃木県のディーラーで試乗会が行われたという情報もあったけれど、日産のWebサイトを見ると準備中。栃木工場から運び出されるARIYAも発見されているし、ディーラーでARIYAを見たという話も出始めた。ボチボチ2号車以降の納車が始まることは間違いないと思う。3月の登録台数、どのくらいになるのか楽しみ。ティザーなのか街中じゃ迷彩のサクラと一緒の目撃情報多い。

メディア向けのショートタイムリードは欧州で始まっている。ただ試乗車は小容量バッテリーのFFのみ。1号車もB6リミテッドという小容量バッテリー車でした。ARIYAのストロングポイントは大容量バッテリー搭載のAWDスポーツグレードだと思うのだけれど、いつから納車開始になるか謎。普通、メディア対象の試乗会だと納車開始3ヶ月前くらいから試乗させるのだけれど。

欧州COTYを受賞した起亜EV6

参考までに書いておくと、欧州メディアの試乗レポートを読むと高い評価と言えない。というのも昨日発表された欧州COTY、現代自動車アイオニック5の兄弟車である起亜自動車の『EV6』が受賞した。素晴らしい仕上がりのアイオニック5と基本的に同じで、デザインと価格が少し違うのみ。このクルマを見てから割高なARIYAに乗ったら評価出来なかった、ということらしい。う~ん!

<おすすめ記事>

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ