CX-60の外観、スクープされましたね~

おそらくプロモーション用の動画撮影なんだろう。日本の一般道での撮影シーンがスクープされました。最初に上がった動画は削除されてしまったけれど、今や一度出てしまったら削除しまくってもおいつかない。とはいえリンクした動画も早めに見ておいた方がいいかもしれません。エクステリアを見た最初の印象と言えば「う~ん!」です。期待していたよりカコよくない。

https://youtu.be/Txr1Jgz20Xk

フロントデザインがゴチャゴチャしているし、何よりシルエットからして今までのマツダのように流麗じゃない。BMW X3のようなバランスの悪さを感じてしまう。Aピラーから前の雰囲気と、後ろのイメージが違うのだった。SUVとしちゃノーズ長い。これだと「スタイルの良さでオサイフのヒモを緩める」というパワー無し。おそらくデザインの良さで売るクルマじゃないんだろう。

ラージ商品群が売れなければ苦境に追い込まれること必至

直列6気筒のエンジンフィールをストロングポイントにするか? ただ最近の4気筒、良い仕事するバランスシャフトついているから5000回転以上まで引っ張らないと振動“ほぼ”無し。6気筒のエンジン音も騒音規制で無音化を余儀なくされるため、ドライバーは聞こえないと思う。500万円という価格を付けようとしたら、ブランドイメージが必要になると考えます。

撮影の段階まで開発が進んでいるため、すでに試乗している同業者もいると思う。そろそろ走りに関する情報も流れ始めることだろう。率直かつ素直な印象を書くと、このスタイルで500万円のマツダ車は日本だと買う人が少ないと考える。熱烈なマツダファンなら買うのだろうか? まぁ買うんでしょうね! 買い支えないならマツダファンのカンバンは降ろすべき。

<おすすめ記事>

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ