F1開幕! ホンダのパワーユニット使うレッドブル、好調なように見えます!

F1が開幕となった。金曜日に行われたフリー走行ではレッドブルのフェルスタッペンがTOPタイム! 2位のフェラーリまで0.087秒と僅差ながら、レッドブルは本気のアタックをしていないように見える。フェラーリ、予選想定の走りというイメージ。昨年まで圧倒的な速さを誇っていたメルセデスは0.6秒遅れ。もちろん予選を走ってみないと実力解らないですが。

ただ今シーズンのレッドブル、プレシーズンテストから好調。全てのセッションで存在感を見せている。大幅なレギュレーション変更を受け、全てのチームが新しい車両を投入してきた。その中でレッドブルのエイドリアン・ニューウェイが久しぶりの天才ぶりを発揮したように私は思っている。熟成進んだホンダのパワーユニットも調子良さそう。というか最もパワフルか?

実は昨年もホンダのパワーユニットは強かったという裏話を聞いた。レッドブルのシャシがあまり良くなかったけれど(だからこそ相棒のペレスは苦戦した)、そいつをカバーできるだけのパフォーマンスを持っていたという。今シーズンはニューウェイが久しぶりに覚醒した、ということなのかもしれません。答えは今晩の予選でハッキリすると思う。

<おすすめ記事>

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ