キャデラックのSUV、果たしていかに?

我が国の輸入車市場で最も人気のあるジャンルとなっているのが、DセグメントSUVといってよかろう。ボルボXC60を筆頭にBMWならX3、ベンツGLC、そして輸入車を意識したレクサスNX等々。価格帯でいえば500万~700万円といったイメージ。ひと昔前なら3シリーズやCクラス、アウディA4といったポジションなんだと思う。全長4600mm程度。

全幅こそ1900mmに近いけれど、日本の道路事情で何とかなる最大限のサイズ。ちなみに私も全幅1900mmのXC60を持っているけれど、道路狭くて駐車場事情が悪いといわれる東京都内でストレスなく乗れます。そんな人気ジャンルを見て「ウチもいいクルマ、持ってますよ」と考えたのだろう。キャデラックが新鋭の『XT4』を投入してきたのだった。<続きを読む>

<おすすめ記事>

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ