スバル・ソルテラ、トヨタbZ4Xとの違いを考察してみた

スバルが「ソルテラ」とネーミングされた新型電気自動車を2021年11月11日に世界初公開した。TVやネットのニュースなどで見た人も多いのではないだろうか。このクルマ、ご存知の人も多いと思うがトヨタと共同開発です。トヨタ版は「bZ4X」という名前なのだが、すでに2021年4月の上海オートショーで発表済み。

中国で初公開されたあと北米で6月にコンセプトが発表され、10月29日に量産モデルの詳細が明らかになっているが、日本でちゃんとしたお披露目会はいまだ無し。一方のソルテラは2021年5月に名称が正式発表され、その後、特設サイトでティザー動画や画像などが公開された。そして今回は世界初公開ということで、新型コロナ渦のため規模は小さいものの、スバルの中村社長や車両開発トップまで出席した発表会をしっかり開催しました。<続きを読む>

<おすすめ記事>

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ