ホンダ、NSXの生産中止だけだとイメージダウンになるためインテグラ復活を宣言!

今や日本においてのホンダといえば、「軽自動車とコンパクトカーのメーカー」というイメージになってしまった。 実際、ブランドとして弱くなったため、高価格帯のクルマを出しても売れない。売れないから絶版になるモデルまで続出している。自動車業界の場合、ブランドイメージを高くするための方策はふたつしかないと思う。モータースポーツに参戦することと、スポーツモデルを作ることだ。

そのあたりをキッチリ抑えているのがトヨタで、すべてのジャンルで成功を収めています。アメリカにおけるホンダも、日本と違ってブランドイメージの維持に強い危機感を持っている。安価なクルマを売ったって利益上がらない、ということをアメリカのホンダは知っている。さて、そんなホンダだけに「NSX」の生産終了はネガティブなニュースだと認識しているのだろう。<続きを読む>

<おすすめ記事>

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ