マイナートラブルのおかげで市販ショックの素晴らしい最終耐久試験になりました! 

全日本ラリー選手権のオープンクラスに、場違いともいえるクルマが走っている。誰しも競技車両ではなくサービスカーだと思ってしまうハイエースだ。全日本ラリー選手権 第2戦ツール・ド・九州2022 in唐津にCASTレーシングから2台の新開発のショックアブソーバーを装着した、2Lガソリンエンジンハイエースが参戦した。ドライバーは自動車ジャーナリストの国沢光宏氏。記念参戦か、ひやかしか。いいえ、もちろんガチです。勝ちに行ってます。

市販ショック販売開始します

昨年全日本ラリー参戦を発表した時は「ハイエースなんかラリー車じゃない!」的な批判を少なからずいただいた。京丹後ラリーなんか当日になって「出場を認めず!」。一方「面白い!」と評価する声もあり、全体的に見ると応援してくれる方が多かったような気がする。実際、一生懸命クルマ作りをして一生懸命走っていると、見た人は皆さん「すごく楽しい!」と言ってくれます。幸いなんとか居場所を確保できたようで、今シーズンは「オープンクラスなら走っていいだろう」という流れになってきた。ということで昨年も参戦を許可してくれた全日本ラリー第2戦の唐津が今年初のイベントになります。<続きを読む>

<おすすめ記事>

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ