マツダ、SUV5モデルをスタンバイ。いくつかの”ナゾ”を考えてみる

マツダが突如5車種にもわたるSUVの新型攻勢を発表した。2022年以降、「CX-50」「CX-60」「CX-70」「CX-80」「CX-90」など5車種をグローバルで順次導入していくという。CX-50についていえば、アメリカに建設しているトヨタとの合弁工場で生産される「カローラクロス」の兄弟車ということになるだろう。そして、CX-60やCX-70、CX-80、CX-90なども徐々に詳細が見えてきた。

そもそもの話として、いまや世界規模でSUVが人気となっている。マツダも7車種のSUVラインナップを持っているけれど、企業平均燃費規制「CAFE」に問題を抱えていたり、東南アジアなど新興国向けのモデルを持っていなかったりして万全じゃないということだろう。しかし個別の車種を見るといくつかの“ナゾ”が出てくる。まずCX-50のナゾから分析してみたい。<続きを読む>

<おすすめ記事>

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ