マツダのラージ商品群のTOPバッターCX-60が3月8日に欧州でワールドプレミア。勝算無いと私は思う

今年、マツダは生き残りを賭けた大勝負に出る! いわゆる「ラージ商品群」と呼ばれるフロントエンジン後輪駆動車のラインナップを展開していくのだった。環境問題をクリアしなければならないタイミングで、エンジン搭載することを前提とした新しいプラットフォームを出すというメーカーは世界規模で存在しない。マツダ以外の新世代モデルを見ると、すべて電気自動車用です。

もちろん、マツダのラージ商品群にも電池を搭載するPHVは存在するようだけれど、エンジン搭載が前提。アメリカや日本市場向けに、直列6気筒まで準備しているというから驚く。そして完全なる電気自動車を作る計画を持っていないようだ。世界の流れからすれば完全に明後日の方向です。TOPバッターとなるCX-60の分析などしながら、マツダの狙いについて考えてみたい。

CX-60というモデル、Dセグメントに属すCX-5より大きい数字が使われていることから推測できるとおり、アッパーミドル級のクルマになる。イメージからすれば後輪駆動のプラットフォームを使うBMWのX3やメルセデスベンツGLCクラス。全長4700mm級×全幅1900mm級だ。エンジンラインナップでいうと、2L4気筒から3L6気筒といったあたり。500万円以上になること確実。<続きを読む>

<おすすめ記事>

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ