ラリーハイエースのロードバージョンの試乗レポートです。追記。リンクを張り間違えてました。泣

日本で「はたらくくるま」の代表格といえば、トヨタ「ハイエース」です。初代ハイエースが登場したのは1967年のことなので、すでに半世紀以上も日本の物流や旅客輸送などを支えてきたことになります。現行型は2004年に登場した「H200系」と呼ばれる5代目。登場から17年、マイナーチェンジを重ねて熟成されたロングセラーモデルです。

ロング/スーパーロング、標準ボディ/ワイドボディ、標準ルーフ/ミドルルーフ/ハイルーフと、さまざまなボディサイズを用意しています。また商用車のバンだけでなく、乗用車のワゴンも人気です。日本自動車販売協会連合会が発表した2021年上半期(1月から6月)の乗用車ブランド通称名別ランキングを見てみると、4634台で全体の49位にランクインしています。ちなみに前年同期比は111.8%と、なお根強い人気を誇っているのがわかります。<続きを読む>

<おすすめ記事>

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ